施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の資格の種類 » 土木施工管理技士

土木施工管理技士

施工管理技士の資格のひとつ、土木施工管理技士について情報をまとめています。

土木施工管理技士とは

河川、道路、橋梁など大規模な土木工事で施工計画を作成し、作業工程・安全・品質・コストなどの管理を行なう土木施工管理技士。慢性的に人手不足で、施工管理技士のなかでも、新たな人材がもっとも求められている職種です。

資格取得後の仕事領域

会社や現場によっても仕事内容が異なりますが、河川や道路、橋梁、ダム、港湾、トンネル、埋め立て・干拓、鉄道、上下水道など土木工事に関わるすべての仕事を担当します。

工事の前には、発注者との打ち合わせや、設計図や調査に基づいて工期を決定。施工の手順をまとめ、工事スタート後に作業工程を管理していく役割を担います。

大規模な土木工事の場合は、用地の確保、役所への諸手続き、周辺住民への説明といった業務も必須となります。

土木工事の管理業務

土木施工管理技士は、現場を取りまとめることはもちろん、土木工事を進める上で必要になる様々な管理業務を行います。工事の進捗に関わる工程管理、作業の品質を確認する品質管理、担当している工事に必要な原価を管理する原価管理、また作業員に事故が起こらないように工事を進める安全管理などが、土木施工管理技士の主な仕事になります。

土木施工管理技士は、工事の着工前から業務が始まります。決められた工期で工事を完了させるためのスケジュール立案はもちろん、土木工事は規模も大きくなることが多いため、最も効率的に工事を進めることができる計画にしなければなりません。また作業が始まれば、施工業者や作業員を監督して、業務を滞りなく実施していきます。

安全管理も欠かせない

野外で行われる土木工事では、安全管理がとても重要です。作業員の安全性を確保しなければ、作業を進めることはできません。事故や事故に繋がるミスが発生した場合、工事の工程や品質にも大きな影響が出てしまうからです。作業員の怪我が発生すれば、土木施工管理技士の監督が行き届いていない、伝えきれていないといった可能性があります。完了予定の工程は遠のき、人員の補充もできないまま作業だけを急ぐようなことになれば、工事の品質低下を招き、最終的な仕上がりにも悪影響を及ぼします。

安全管理にはコミュニケーションも重要

土木施工管理技士は、現場で作業員とコミュニケーションをとることも、大事な仕事のひとつです。施工業者や資材の取り扱い業者、発注元や周辺住民など、コミュニケーションを取るシーンは多くあります。作業員との簡単な挨拶はもちろん、安全管理に関わる注意事項などもしっかりと伝達しておくことで、事故なく工事を完了させることにつながります。

土木施工管理技士の魅力

道路やダムなど、社会生活の基盤となるインフラ整備に関わる土木施工管理技士は規模が大きい、または社会性が高い工事に携わることが多くあります。規模の大きい土木工事であれば、後世にわたって形に残るような仕事を行うことができます。自分が担当した工事が人々の暮らしにとってなくてはならない存在になることは、とても大きなやりがいとなるでしょう。

また、土木施工管理技士は国家資格であるため、有資格者となることで今後の自分のキャリアアップを図ることができます。給与が上がることはもちろん、資格を取得していることによる手当も。自分自身も経験を積みスキルアップを重ねることで、今後も高まる様々な土木工事のニーズに応えて、働き続けることができるでしょう。

現状と将来性

土木施工管理技士は、慢性的な人手不足という背景があります。通常の土木工事だけではなく、災害現場の復興工事にも土木施工管理技士を置くことが求められているため、自然災害の多い日本では需要が大きくなっているのです。

土木施工管理技士は、道路や鉄道、河川など、土木工事を行う際の監督業務を担当します。現場での作業だけでなく、工期と工事計画に基づいた工程管理や、設計図面に従った品質管理も土木施工管理技士の重要な仕事です。これらの仕事を着実に行うことによって、作業員が円滑に工事を進められるようになるのです。

また、自然災害からの復旧工事など、時には危険を伴う現場での作業もあります。そのような現場で事故が起こらないように安全管理を行うことも、土木施工管理技士の大切な役割です。仕事の性質上、悪天候や猛暑の中で作業をすることや、規模の大きい現場では重機を使った作業も多くあります。事故で作業が中断してしまうと、公共工事の入札制限がかかるなど、会社としての信頼にも関わります。さらに、事故に遭われた方や、そのご家族までもがつらい思いをすることとなります。安全面の管理は、建設現場において何よりも優先すべきことだと言えるでしょう。

土木施工管理技士の資格を取得するためには、実務経験が必要です。有資格者は高く評価され、責任ある仕事を任されることも多く、昇格や昇給など自身のキャリアップにも繋がります。また、資格を有していると、建設業法における「専任技術者」になることも可能です。建築業許可を取得して独立するなど、働き方の幅を広げることも可能となるでしょう。

土木工事業は、インフラや公共工事などがメインとなるため、将来的にも安定した需要が見込めます。また、近年の防災意識の高まりから、自然災害を未然に防ぐための工事も増加していくことでしょう。土木施工管理技士として働くことは、人々の生活を支える責任とやりがいに溢れた仕事を担うことだと言えるのです。

土木施工管理技士の需要

土木施工管理技士は、土木工事の現場で「主任技術者」や「監理技術者」という責任ある技術者として仕事を行います。これらの役割の設置は法律によって定められているため、国家資格を有している技術者が必要になるのです。

土木施工管理技士の資格を取得するためには実務経験が必要になるため、誰でも取得できる資格ではありません。また1級の取得となると、大学や専門学校を卒業している必要があり、資格取得には多くの条件を満たさなければならないのです。一般の作業員に比べて、有資格者の人口は少ないため、その希少性と人材需要はより高いと言えるでしょう。

高齢化と人材不足が加速

土木工事の現場で働いている作業員は40代以上の人が多い現状にあり、高齢化が進んでいます。全体的な人材不足に陥っている建設業界において、土木施工管理技士をはじめとする有資格者はさらに不足しており、問題は深刻だと言えるでしょう。

土木施工管理技士の資格を取得するには、試験に合格しなければならないことはもちろん、受験資格には一定年数以上の実務経験を必要とします。難易度の高い試験がゆえ、若い世代の有資格者も少なく、後継者不足という問題も建設業界では発生しているのです。

土木施工管理技士は土木工事の現場で必ず必要になる役割であり、その需要はとても高いです。有資格者がいるかいないかによって、会社として受注できる工事の規模や種類にも影響が出てくるため、業績や将来性の観点でも重要になってくるのです。進行する高齢化と人材不足を考えると、土木施工管理技士の需要は今後も高まり続けると言えるでしょう。

戦力となる人材が求められている

昨今の建設業界は人材不足が進み、有資格者でも現場で戦力となる人材が必要とされています。資格を有しているだけでなく、自ら手を動かし施工を行える経験者が求められているのです。なぜなら、いくら管理ができても、現場で働く人たちにとって、施工ができない管理者の言葉には説得力がないからです。

若い世代の人が早いうちから建設業界で働き、経験と実績を積み重ねて資格を取得することは、このような現場のリアルなニーズを満たすうえでも大切になるのです。

年収相場

土木作業員の平均年収は300万円~350万円前後といわれています。各種免許や資格を持つと、昇給や手当が支給されて年収がアップ。

1級土木施工管理技士の年収はおよそ400万円台後半~700万円台で、2級でも500万円台の年収を得ている人もいます。また、会社の所在地や規模によって、年収にかなり幅があるのも現実です。

土木施工管理技士に
なるには

土木施工管理技士は、実務経験を積んでようやく受験資格が得られます。そのため、土木業界の企業へ就職し、設計・施工・管理の現場で土木技術者として仕事を身につけることが、第一歩。

指定の学科を出ると必要な実務経験年数が少なくなるので、高校や大学の土木、建築学科などで学ぶと資格取得の近道となります。

試験について

国家資格の土木施工管理技士は1級と2級があり、受験資格は学歴や職務経験により細かく規定されています。

2級は「高等学校の指定学科以外を卒業後、4年6か月以上の実務経験」「上記以外(高卒でない場合)の者は8年以上の実務経験」という受験資格があるので、年数の差こそあれ、実務経験を重ねると誰でも挑戦できる資格でもあります。

土木施工管理技士の資格は1級と2級に分かれ、共に学科試験と実地試験を受ける必要があります。

また、1級は大学・専門学校「高度専門士」の指定学科卒業者は3年、指定学科以外の卒業者は4年6ヶ月以上、2級は大学・専門学校「高度専門士」の指定学科卒業者は1年、指定学科以外の卒業者は1年6ヶ月というように、受験に必要となる実務経験年数には違いがあります。

1級の学科試験は、午前に2時間半、午後に2時間の試験時間が定められています。試験科目は、土木一式工事の施工に必要な土木工学、電気工学、機械工学、建築学及び設計図書について問われる「土木工学等」、土木一式工事の施工計画の作成方法及び、工程・品質・安全管理等工事の施工の管理方法について問われる「施工管理法」、建設工事の施工に必要な法令に関して問われる「法規」と多岐に渡る範囲となっています。

実地試験の試験時間は2時間45分。試験科目は、土質試験及び木材の強度試験を適切に行え、工事の目的物に所要の外観・強度を得るために必要な措置及び、設計図書に基づいて工事現場の施工計画の作成、実施を適切に行う高度な応用能力を問われる「施工管理法」といった内容となっています。

2級の制限時間は学科試験が2時間10分。試験科目は、「土木工学等」「施行管理法」「法規」となっています。

実地試験の制限時間は2時間。試験科目は「施工管理法」についての内容になります。2級の試験内容は、1級の試験の基礎的な知識を問うものとなっており、ここをまずクリアできないことには1級の合格も難しいものと言えるでしょう。

難易度や合格率

1級、2級ともに実地試験よりも学科試験のほうが合格率が高いのが特徴。毎年、学科は毎年50%~60%前後、実地は35%以下の合格率となっています。合格ラインの目安は、学科・実地ともに正答率「6割」のクリアです。

勉強法

専門知識や技術を持っているため、市販されているテキストや過去問題集を活用して独学で1級に合格している人もいます。また、不安を感じる人には、民間の資格スクールの通信講座を受講する方法もあります。

土木施工管理技士の資格を取得するメリット

土木施工管理技士の資格を取得すると、自分の知識や経験を増やして成長できるだけでなく、企業から高く評価される人材となれます。施工管理技士の配置は法律によって定められているため、資格を持っていれば建設業界において常にニーズがあると言えるでしょう。

また、希少性とニーズが高いぶん、会社から必要とされるだけでなく、転職の際にも大きなアピールポイントとして有利になります。

責任ある立場に就ける

土木施工管理技士の1級であれば監理技術者、2級なら主任技術者として大きな責任を担う立場を任されることがあります。法的に責任がある立場で働くことになりますが、資格を有していることで受注できる工事の幅や規模が増えるなど、やりがいや組織への貢献度も増すため、モチベーションも上がることでしょう。

昇給や昇進の可能性

資格を取得することで、昇給アップの期待もできるようになります。企業のなかには、昇給・昇進をメリットに資格取得を従業員に進めるところもあり、企業内における有資格者の価値の高さがうかがえます。企業内に資格保持者がいることで、国から企業への評価点が付与されるという仕組みもあり、企業にとって有資格者は高い価値ある人材として評価してもらえるのです。

転職で有利になる

常に人材不足の建設業界では、資格を持っていると転職の際に有利になります。特に、若手が不足している業界のため、若い世代の有資格者は、会社の将来性の観点からもより高い需要があることでしょう。

資格取得支援制度がある施工管理技士の派遣会社を見る

施工管理技士の派遣会社目的別比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間8:00-17:00
9:00-18:00
初年度月収相場28万円以上
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無○

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間記載なし
初年度月収相場25.5万円
~45.2万円
資格取得支援制度✕
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

色々な働き方を
模索したい

ウィルオブ・コンストラクション
有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
勤務時間8:00~17:00
(実働8時間)
初年度月収相場25万円
~30万円
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する