施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の資格の種類 » 電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士

施工管理技士の資格のひとつ、電気工事施工管理技士についてご紹介します。

電気工事施工管理技士とは

電気工事施工管理技士は国家資格で、建設業法に基づいた電気工事の円滑な施工や、品質を保つ施工管理を行なう仕事です。

具体的には、電気工事に関する施工計画を立て、さらに安全管理や品質管理、監督業務を担当します。

資格取得後の仕事領域

電気工事施工管理技士の就職先は、おもに建設会社や電気施工会社など。電気工事施工管理技士は現場の責任者として働くため、転職時にも有利になることが多いそうです。

電気工事の管理業務

電気施工管理技士は、法律で工事現場に設置することが定められており、電気工事を実施するために欠かすことができない存在です。具体的な作業内容は現場ごとに異なりますが、一般的には電気工事を行うために必要な施工図を作成を行います。そのほか作業の品質をチェック、工事のスケジュール管理、作業を行うための安全性の確保、といった管理業務を行うことが、電気施工管理技士の役割になります。

工事を確実かつ安全に完了させるためには、専門知識に基づいて管理業務を行うことが求められます。仕事内容として、あまりスポットライトをあびるようなポジションでないように感じるかもしれませんが、電気施工管理技士は、いわば「縁の下の力持ち」。ハードな仕事や雑用などを行わなければならないシーンもありますが、欠かせない存在なのです。

電気工事施工管理技士の魅力

電気がなくなれば、社会は成り立たないと言えるほど、現在の暮らしには電気は欠かせないものです。電気工事施工管理技士は、住宅をはじめ多くの建物施設で電気が安全に使われるように管理しています。身近なところから私たちの生活を支えている非常に重要な業種と言えるでしょう。毎日当たり前に感じてもらえるようにする、と責任感をもって働くことがやりがいに繋がる仕事です。

住宅の工事を行い、施工主から感謝の言葉をもらえるのもやりがいとなります。また、担当する工事が大きな商業施設や病院などの公共施設である場合は、たくさんの人々によって利用されることになり、他の仕事では体験できないような充実感を得ることができるでしょう。

また、電気施工管理技士は、給与水準が高いことも挙げられます。各現場に配置が義務づけられていることもあり、需要がなくなることはありません。新築だけでなく既にある建物に対して行われる工事などもあり、需要の高さは今後も続いていくでしょう。

また、国家資格であるため技術者としての評価を得やすいのもメリットです。有資格者であれば、転職市場において必要な知識やスキルがあるという証明に繋がり、有利に転職活動を進めることができます。転職だけでなく、様々な現場を経験できるようにもなり、スキルアップも可能です。知識や経験を積み重ねることで、キャリアアップを目指すこともできるでしょう。

業務としてハードな側面も持ち合わせてはいるものの、目に見える形として残る仕事ができるのも電気工事施工管理技士の魅力です。

現状と将来性

建設業界全体が人手不足の状況で、さらに電気工事施工管理技士は国家資格ということもあり、建設業界の多方面で活躍することが可能。

求人を見ても有資格者が優遇されるものが多く、とくに若手技術者の需要は大きくなっています。また、この資格を持っていれば年収や待遇アップにつながると考えられるので、非常に役立つ資格と言えるでしょう。

電気工事施工管理技士の資格試験を受験するためには、実務経験が必須となります。そのため、多くの場合は企業で働きながら資格試験の勉強をするのが一般的です。また、電気工事は法律上、電気工事士の資格を持っていないと作業ができません。したがって、電気工事施工管理技士になるためには、先に電気工事士の資格を取得することが必要となります。

新築やリフォームの際には、必ずというほど電気工事が伴います。そのため、他業種の作業員と連携をとりながら作業をすることが多くなります。効率的な作業を行うためにも、作業工程を事前に管理することや、他社とのコミュニケーションを適切に取ることが必要になるのです。

オール電化や省エネ住宅など、電気設備は年々進歩しており、今後さらに加速していくことが見込まれます。それと同時に、工事も複雑化していくため、電気工事施工管理技士の需要は増えていくことでしょう。現在、活躍している電気施工管理技士の高齢化や慢性的な人材不足により、業界全体としても若い世代を積極的に採用していく傾向にあります。

特に一級電気施工技術管理士は、大規模な工事にも携わることができるため、重宝されるでしょう。また、建設業法上、電気施工技術管理士は専任技術者として建設業許可の申請ができるため、企業に勤めるだけでなく、将来的に独立して働きたいという方にも魅力的な仕事だと言えるでしょう。

年収相場

電気工事施工管理士の平均年収は500万円~700万円程度。地域や会社によって差はありますが、手当として月に10,000円~15,000円ほどアップするところもあります。

1級電気工事施工管理技士の資格を持つと仕事の規模が変わるため、1年の年収が100万~300万円ほど増加することもあるのだそうです。

電気工事施工管理技士に
なるには

電気工事施工管理技士の資格取得には一定の実務経験が問われるため、傾向として多いのは、建築会社に入って電気工事士や電気主任技術者の資格の取得。そこからのさらなるステップアップとして、電気工事施工管理技士を取得する人も目立ちます。

試験について

電気工事施工管理技士の資格には、1級と2級があります。1級・2級ともに合格率は50%前後と変わりません。受験資格を満たしていれば2級を受けなくても、1級電気工事施工管理士を取得することができます。

1級電気工事施工管理士の試験は年に1回、学科試験が夏頃、実地試験が秋頃に実施。1級の試験会場は、東京都のみです。

2級の試験開催地は、札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄の各主要都市で行なわれます。

詳しい試験内容について紹介します。

電気工事施工管理技士の資格は、1級と2級、共に学科試験と実地試験の受験が必要です。

また、受験をするにあたって必要な実務経験年数にも違いがあります。
1級は、大学・専門学校「高度専門士」の指定学科卒業者は3年、指定学科以外の卒業者は4年6ヶ月以上。
2級は大学・専門学校「高度専門士」の指定学科卒業者は1年、指定学科以外の卒業者は1年6ヶ月というように、受験する級や学歴によって違いがあるので確認しておくようにしましょう。

試験時間について紹介します。1級は、午前に2時間半、午後は2時間と分かれており、試験科目は、電気工事の施工に必要な電気工学、土木工学、機械工学、建築学及び発電・変電設備などについて問われる「電気工学等」、電気工事の施工計画の作成方法及び、工程・品質・安全管理等工事の施工の管理方法について問われる「施工管理法」、建設工事の施工に必要な法令に関して問われる「法規」となっています。

実地試験の試験時間は3時間。試験内容は、工事の目的物に所要の外観・強度を得るために必要な措置及び、設計図書に基づいて工事現場の施工計画の作成、実施を適切に行う高度な応用能力を問われる「施工管理法」です。

2級は、学科試験が2時間半、実地試験が2時間で行われ、1級の内容の基礎的な知識が問われる問題となっています。

難易度や合格率

電気工事施工管理士の合格率は、1級・2級ともに平均50%前後です。合格ラインは60%の正解率なので、難易度は普通です。講習を受けるなどしっかりと準備をすると、1級試験も十分に合格を目指せる資格と言えます。

勉強法

独学で過去問で勉強するほかに、各機関で開催されている試験対策講習会への参加も、ひとつの手です。講習会はそれぞれ特色や違いがあるので、参加の金額・日程・開催地など自分にあったところを選んでください。

資格取得支援制度がある施工管理技士の派遣会社を見る

施工管理技士の派遣会社目的別比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間8:00-17:00
9:00-18:00
初年度月収相場28万円以上
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無○

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間記載なし
初年度月収相場25.5万円
~45.2万円
資格取得支援制度✕
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

色々な働き方を
模索したい

ウィルオブ・コンストラクション
有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
勤務時間8:00~17:00
(実働8時間)
初年度月収相場25万円
~30万円
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する