施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の資格の種類 » 造園施工管理技士

造園施工管理技士

施工管理技士の資格のひとつである、造園施工管理技士について紹介します。

造園施工管理技士とは

造園施工管理技士は、工事のなかでも「造園」に携わる仕事。施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理といった施工管理を行ないます。

通常の土木工事に比べれば規模は小さいことが多いものの、公園や学校、高層ビルの屋上緑化、道路の緑化、遊園地の造成などの幅広い工事に関わり、高度な技術や知識を持った専門職として活躍することができます。

資格取得後の仕事領域

造園施工管理技士が活躍できる会社は、土木業や建設業、造園業がメインです。経験を積んで独立して働くこともできる仕事なので、ガーデンデザイナー、庭師などで活躍する人もいます。

現状と将来性

造園施工管理技士は公共工事においても、「まちづくり」で重要な役割を担います。ビルの屋上緑化や樹木管理などのニーズも増えているので、活躍できるチャンスは多くある職業だとも言えます。

年収相場

勤務先によって、給料や年収には違いが出てきます。しかし、技術職であるため、経験やスキルがあると給与も高くなる傾向があります。

平均年収は、300~650万円くらい。資格手当だと2級で月に3,000円~5,000円程度、1級になると月に1万円~2万円程度のようです。個人の庭師として活躍すると、かなりの高額になる場合もあります。

造園施工管理技士に
なるには

造園施工管理技士の国家試験を受験し、合格する必要があります。まずは学歴と実務経験での受験資格を満たすことが重要。

たとえば、1級では大学・専門学校「高度専門士」の指定学科を卒業して実務経験が3年以上、指定学科以外の卒業者は4年6ヵ月以上の実務経験が必要です。

学歴がなくても受験は可能ですが、15年以上の実務経験が必要とされます。

試験について

造園施工管理技士の資格には、1級と2級があります。1級は、大規模な造園工事の現場における「監理技術者」または「主任技術者」に、2級は一般建設業の「主任技術者」になることができます。

当然ながら1級の方が業務の幅が広く、技術的知識と管理能力を備えた人材として活躍することができます。受験には、実務経験の条件をクリアしなくてはなりません。

難易度や合格率

試験の合格ラインは学科・実地試験ともに60%以上が必要となります。以前は比較的に取得しやすい資格として知られていましたが、時代とともに難易度が向上。合格率が30%以下になってきており、それなりの勉強量が必要となるでしょう。

勉強法

独学で過去問題を解くほか、民間の資格スクールや通信講座を受ける方法があります。予備校あるいは通信教材はわからないところも質問できるので不安な方でも安心して取り組むことができます。

資格取得支援制度がある施工管理技士の派遣会社を見る

施工管理技士の派遣会社目的別比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間8:00-17:00
9:00-18:00
初年度月収相場28万円以上
入社祝い金制度○
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無○

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間記載なし
初年度月収相場25.5万円
~45.2万円
入社祝い金制度○
資格取得支援制度✕
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

色々な働き方を
模索したい

C4
有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
勤務時間8:00~17:00
(実働8時間)
初年度月収相場25万円
~30万円
入社祝い金制度✕
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する