施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の資格の種類 » 管工事施工管理技士

管工事施工管理技士

施工管理技士の資格のひとつである管工事施工管理技士の詳細をお伝えします。

管工事施工管理技士とは

管工事施工管理技士は、建物や設備内に空気やガス・水道などを通す管工事の施工計画や、安全管理・施工管理などの技術上の監督を行なう仕事です。

管工事とひと口に言っても水廻りや空調ダクト、ガス管などさまざまな種類があるので、たくさんの技術者が関わります。その技術者たちを束ね、スムーズに工事を進めていく重要な役割を担います。

資格取得後の仕事領域

管工事施工管理技士の就職先は、建築業者・ガスや給水・空調の施工管理業者など、さまざまな会社で募集されています。現在、国土交通省が女性の技術者育成に力を入れていることもあり、女性の管工事施工管理技士も増加してきています。家のリフォームや改修工事で女性の顧客になると、女性の技術者に来てほしいという方は少なくありません。

管工事施工管理技士は業界内で高く評価されており、給与がアップしやすい傾向にあります。今後も、配管工事がなくなることはないので、定年を迎えても現場監督として働くことができます。

現状と将来性

管工事はさまざまな建築物で必要になるため、建設業界で管工事施工管理技士が幅広く求められています。会社によっては、管工事施工管理技士の資格取得が昇進の条件にもなっているケースも。

技術者の高齢化が進んでいるので、今後は若い方の活躍のチャンスは増えていくでしょう。

年収相場

管工事施工管理技士の平均年収は、1級管工事施工管理技士で平均500万円から600万円以上、2級管工事施工管理技士で平均400万円から500万円以上です。

1級管工事施工管理士に関して、とくに大企業で勤務する場合は、年収800万円以上の高収入が期待できます。

管工事施工管理技士に
なるには

資格の取得で、工事現場に必要な主任技術者や監理技術者に就くことができます。国家資格で取得には実務経験が必要なので、まずは建築関係など管工事施工管理技士が活躍している会社に入り、経験を積むことが重要です。

試験について

管工事施工管理技士は国家資格のひとつで、1級と2級の区分があります。2級を取得すると、工事現場の主任技術員になることが可能。1級はそれに加えて管理技術者にもなることができます。

受験資格を取得するには、一定以上の実務経験が必要となるため、ほとんどの方は仕事をしながら受験することになります。

難易度や合格率

一般的に、管工事施工管理技士の試験の難易度はそれほど高くなく、独学でも合格できる程度と言われています。合格率も1級、2級ともに50%程度で、決して難しい資格ではありません。

勉強法

「予備校に通う」「独学」「通信教材を利用する」の3つが挙げられます。

独学の場合は、過去問題集を使用して勉強しましょう。過去問題が解説付きで公開されていることもあります。

仕事が忙しく、独学が難しい方は、予備校あるいは通信教材がおすすめです。わからないところも質問できるので、一つひとつ解決しながら進められるでしょう。

資格取得支援制度がある施工管理技士の派遣会社を見る

施工管理技士の派遣会社目的別比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間8:00-17:00
9:00-18:00
初年度月収相場28万円以上
入社祝い金制度○
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無○

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間記載なし
初年度月収相場25.5万円
~45.2万円
入社祝い金制度○
資格取得支援制度✕
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

色々な働き方を
模索したい

C4
有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
勤務時間8:00~17:00
(実働8時間)
初年度月収相場25万円
~30万円
入社祝い金制度✕
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する