施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の基礎知識 » ボーリング工事における施工管理技士の役割

公開日: |更新日:

ボーリング工事における施工管理技士の役割

ボーリング工事とはどういった工事なのでしょうか。ここではボーリング工事での施工管理技士の役割についても併せて紹介しています。

ボーリング工事とは

ボーリング工事とは、大地に円筒状の穴を開ける工事のこと。その目的は多岐に渡ります。トンネル工事や地質調査、井戸や温泉、石油、天然ガスなど天然資源の有無の調査など、穴を空けなければ分からないことはたくさんあります。

土地の上に建物を建築するため、その土地の地質を調べることを目的として行われることも多いです。例えば、マンション建設する際に設計に先立って地盤調査を行います。ボーリング工事によって地層の構成や地盤の特性や強度などを調べ、結果によりマンションを支持する支持地盤を決定します。ボーリング工事は、基礎工事全般に大きな影響を与える作業なのです。

ボーリング調査で分かること

ボーリング調査では、地質調査を行うのと同時に「地層境界の深さ」「地盤強度(N値)」「地下水位」など調べることを目的としています。これらはボーリング柱状図というボーリングの結果に記録されます。

このようにボーリング工事では建物を建てるときだけでなく、多くの関連する情報を得るために重要な作業といえるでしょう。

ボーリング工事での施工管理技士の役割

ボーリング工事において、施工管理技士は工程や状況の把握から施工計画の立案まで、幅広い業務を行う必要があります。実際に工事を行うというより、スケジュール調整や安全な工事を行えているかの管理、発注者や協力会社との調整役などが業務の中心です。

作業経験があると良い

施工管理技士は管理業務を行うため、作業経験がなくてもボーリング工事の担当になることがあります。しかし、ボーリング工事に対する知識がないと突発的な判断が遅れてしまう可能性も。施工管理者を任されても自信を持って業務を行えるよう、できるだけたくさんの経験を積んでおくようにしましょう。

ボーリング工事の経験が豊富だと現場で重宝される

ボーリング工事の経験が豊富な施工管理者は、会社やスタッフからの信頼も高く現場で重宝されます。建物を建てるにおいて、ボーリング工事は欠かせない業務だからです。地盤が弱いにも関わらず気付かず建物を建ててしまうと、地盤沈下や建物崩落などの大事故が起きてしまうかもしれません。そうなると多くの人たちを危険にさらすことになり、当然施工会社は激しく責任を追及されます。そんなことが発生しないためにも、経験も知識も豊富な施工管理者が求められます

ボーリング工事の施工管理者として仕事をする場合、一級土木施工管理士や地質調査技師などの資格を持っていると更にあらゆる現場で活躍できる可能性が広がります。

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する