未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の基礎知識 » 建設キャリアアップシステム(CCUS)とは?

建設キャリアアップシステム(CCUS)とは?

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

ここでは、建設キャリアアップシステムについて解説しています。システムの概要に加え、導入することによって得られる多くのメリットについて紹介していきます。また、注意すべきデメリットについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

建設キャリアアップシステムとは

国土交通省の推奨もあり、本格的な運用がスタートしているのが「建設キャリアアップシステム」というシステム。作業員の「現場でこれまでにどのような仕事をしてきたか」「どのような資格を保有しているか」といった情報が統一されているルールに乗っ取ってICカードに登録され、かつシステムに蓄積されていく仕組みになっています。現場でカードリーダーに読み取らせるたびに修了履歴がさらに蓄積されていきます。

建設キャリアアップシステムの目的

建設キャリアアップシステム運用の背景には、建設業界が抱えている問題・課題を改善するという狙いがあります。業界内にどのような問題・課題があるかというと、たとえば就業人口の減少です。若年層を建設業界に呼び込むことを目的とした取り組みの一つだといえるでしょう。

そしてもう一つの深刻な課題は、かつてはスタッフ一人ひとりの評価の仕方が定まっていなかったという点です。その結果、適切な評価を得られないことで待遇の向上につながっていかず、それが不満を生んでさらなる人手不足を招いているという状況になっていました。その状況に対する打開策として、建設キャリアアップシステムの導入が有効であると考えられたのです。

技能者の能力の可視化

システムに蓄積され続ける各技能者の経験や取得している資格といった情報にもとづいて、一人ひとりを4段階にレベル分けするための「建設技能者の能力評価制度」が採用されています。証明される内容は
【レベル1】初級技能者
【レベル2】中堅技能者
【レベル3】職長
【レベル4】高度なマネジメント能力を有する者
となります。

事業者の施工能力を可視化

建設キャリアアップシステムは、スタッフや作業員の能力の可視化を可能にするため、当然、事業者の施工能力の可視化にもつながるわけです。ですから、事業者によってはお客さんからの信頼を強め、結果として受注率アップにつなげることも不可能ではありません。さらに、このシステムを導入している自治体もあり、かつ、加点対象になるケースもあるので、入札の際にも有利に働くでしょう。

技能者の確保

高いスキルを身に付けた技能者の確保がしやすくなるのも注目ポイントの一つです。採用するかどうかの決め手となりうる、能力の度合いを簡単に確認できるからです。主観を交えることなく、入社希望者についての客観的な判断をしやすくなるため、入社後のミスマッチなども回避しやすくなるはずです。惜しい人材を流出させてしまうことを防ぐためにもとても役立つシステムだといえるでしょう。

建設キャリアアップシステムのメリット

建設キャリアアップシステムを運用することで多くのメリットを得られますが、ここでは「技能者にとってのメリット」「下請業者にとってのメリット」「元請業者にとってのメリット」に分けることで、それぞれの立場にとってのメリットがどのようなものであるかを見ていきます。

技能者にとってのメリット

システムに蓄積される情報にもとづいて、一人ひとりの技能者に対する適正な能力評価や、4つあるレベルごとの賃金水準の設定などが行われやすくなります。勤め先や派遣される現場が変わっても蓄積されているデータが無くなるわけではないため、心配は不要です。また、カードリーダーにタッチするだけで建退共済金の積立ができるのもメリットの一つだといえます。

下請業者にとってのメリット

雇用している技能者が保有している資格や社会保障への加入資格などを簡単に検索できるようになるため、それらの情報を提示しやすくなります。ですから、取引先からもより強い信頼を得るためのツールとして活用できます。加えて、これまで曖昧な部分もあった賃金/代金支払いの根拠を明らかにすることも可能です。

元請業者にとってのメリット

仕事の発注先の下請け業者に関する情報の確認がしやすくなるのが、元請け業者にとっての大きなメリットだといえるでしょう。下請け業者が雇用している技能者の人数や保有資格などをしっかりと把握したうえで発注できるので不安がありません。さらに、支払い状況やシステム上で発注した仕事の進み具合を確認することができるため、管理作業という観点でもとても便利なシステムとして活用できます。

建設キャリアアップシステムのデメリット

このシステムにもデメリットはあります。特に押さえておきたい2点が以下の通りです。

コストがかかる

登録時の登録料だけでなく、利用する際にも利用料金がかかるため、一定のコストがかかります。これは、技能者と事業者のいずれにもかかるコストになります。

システムの操作方法が分かりにくい

システムの登録方法と操作方法がやや分かりにくいというデメリットもあります。膨大にあるマニュアルが高い頻度で更新されることや、サポート体制があまり充実していないことなどが分かりにくさの原因となっています。問い合せフォームはありますが、返信を貰うまでには時間がかかることもあったりと、システムに詳しい人がいない場合はやや苦労することも多いかもしれません。

まとめ

元請けや下請け、技術者、すべての立場にいる人にとって多くのメリットをもたらす建設キャリアアップシステム。施工管理技士として現場を管理する立場にある以上、このようなシステム類への知識も身に付けておくといいでしょう。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!