未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の基礎知識 » 施工管理における工事写真

施工管理における工事写真

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

建設現場において、現場の写真、つまり「工事写真」を撮ることも、施工管理技士の大切な役割のひとつであるといえます。

このページでは、工事写真を撮影するさまざまな目的や、撮影をおこなう際の流れ、そしておさえておきたい撮影時のポイントなどについて紹介していきます。

施工管理技士が撮影する「工事写真」とは

工事写真というのは、施工をすすめてきたプロセスや施行の状況などを記録するために撮られる写真です。工事がすべて終了してしまってからでは見ることのできない箇所や、建築物の品質などを確認する際に使用されます。また、たいていの場合において、工事写真は、建設工事のすべての期間にわたって撮影が続けられます。

工事写真を撮る目的

工事写真の撮影をおこなう主な目的は、上述のとおり、建設工事が適切に進められたことの証明です。その詳細については、次のとおりです。

工事写真が役立つ具体的なシーンのひとつとして、「隠ぺい部の確認」が挙げられます。例えば、鉄筋工事の場合、完成後はコンクリートが流し込まれた後なので、内部を確認することが不可能です。そういったときに、前のプロセスを確認できるのが工事写真なのです。

工事写真を撮る流れ

工事写真を撮影する際の流れについて、3つのステップにわけてみていきましょう。

ステップ1 あらかじめ撮影スケジュールを立てておく

現場ではさまざまな業務をこなさなくてはならないので、撮影のタイミングを逃したりしないように、施工管理技士は注意する必要があります。そのためにも、あらかじめ撮影スケジュールを立てておき、かつ、撮影機材も準備しておきましょう。ただ、公共工事の場合には、撮影すべき箇所が指定されています。

ステップ2 撮影内容をその場で確認

撮影した写真にミスがないか、すぐに確認することが求められます。そのため、撮影にはスマートフォンやタブレット、デジタルカメラなどを使用するのがおすすめです。

ステップ3 工事写真の整理および提出

工事写真は、インデックスをつけて、A4ファイルを使用して整理します。また、提出の際には施工業者や監理者、設計、工事の名称などの記入漏れがないように注意しましょう。

工事写真を撮るポイント

工事写真は、何となく撮ればよいというものではありません。適切な工事がおこなわれたことの証明資料となるため、撮影に際しておさえておくべきポイントがあります。ここでは重要な3つのポイントについてみていきましょう。

ポイント1 「5W1H」の読み取りができるように撮影

工事写真は、5W1Hがわかるものでなくてはなりません。そのために、情報を記載した黒板を添えて写真の撮影をおこないます。

ポイント2 定点写真について

全景の定点写真は、建設が完成した際の状態をイメージして、全景が入るように構図を考える必要があります。大きな建造物や高さがある建造物を建設する場合は、特に注意が必要です。また、同じ撮り方ができるように、情報を記載した黒板をどこに置くか、その位置についてもあらかじめ決定しておくのがおすすめです。照明の反射や太陽光などで黒板に記載された情報が読み取りにくくなってしまわないように注意しましょう。

ポイント3 スマートフォンやタブレットがおすすめ

撮影をおこなうツールとしては、デジタルカメラよりも、スマートフォンやタブレットが、より便利だといえます。コストを削減しやすいだけでなく、データを記録媒体からパソコンへ移す必要も生じないからです。また、データを保存する場合には、USBメモリなどを使用するよりも、オンラインストレージを使用するほうが、紛失のリスクを抑えやすくなります。

工事写真を撮るときの注意点

撮影する現場や対象によって、おさえておくべき注意点は異なります。

原則として画像編集はできない

工事写真は、その性質上、撮影後の画像編集は原則禁止となっています。なかでも公共工事の場合は、仕様についても詳細にわたって撮影が指定されている場合があるので、あらかじめそれらを把握しておくことが大切です。

まとめ

工事写真の撮影は、建設工事の記録や適切に工事がおこなわれたことの証拠を残すための業務ですから、とても重要です。工事写真撮影におけるいくつかのポイントをしっかりとおさえておけば、効率的にこの業務をすすめることが可能になります。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!