施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士に必要なスキル » カフェの店長を辞めたい

公開日: |更新日:

カフェの店長を辞めたい

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-6361-6190)

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-5484-5100)

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(052-589-2822)

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

カフェの店長を辞めたい人におすすめの施工管理技士

施工管理技士がおすすめな理由

カフェの店長を経験してきた方には施工管理技士の仕事がおすすめであるといえます。その理由は、カフェの店長として培ってきたスキルが施工管理技士の仕事に活かすことができるため。具体的には、コミュニケーションスキルやリーダーシップ、交渉力、スケジュール管理といったスキルが役立つと考えられます。下記では、なぜこのようなスキルを活かすことができるのかといった点について紹介していきますのでぜひチェックしてみてください。

コミュニケーションスキル

カフェでの仕事は、まず接客を行うことが多くなります。この時に大切なのがお客様と十分にコミュニケーションを取れる能力。単に注文を聞くだけではなく、しっかりと注文を伺った上でその要望に応えていくことが必要となります。

施工管理技士の仕事では、現場で働く職人やスタッフなどとのコミュニケーションが重要です。これは、現場の仕事を円滑に回していくため。現場ではさまざまな人が働いていますので、これまでに培ってきたスキルを活かすことでうまくコミュニケーションを取ることができるでしょう。

リーダーシップ

また、カフェの店長として働く場合にはスタッフをまとめるリーダーシップも求められることになります。ひとりでカフェを営業していない限りはアルバイトなどのスタッフを雇って仕事内容を指導し、同じ目標に向かって仕事をしていくといったことが必要になってきます。

施工管理技士もスケジュール通りに建物を完成させるという目標に向かって現場が一丸となって作業を行います。そのためにも、スタッフの士気を落とさずに作業を続けられるよう、まとめ上げられるリーダーシップが大切になってくるというわけです。

交渉力

カフェの店長としては、仕入業者など外部の業者との交渉ごともこなす必要があります。相手の条件を聞きつつ、どうすれば自分に少しでも有利な条件で進められるか、またお互いの妥協点を見つけて話を進めるためにも交渉力が求められる場面も多くなってくるでしょう。

施工管理技士の場合には、下請け業者との交渉のほか、施主や周囲の住民などと交渉を行うことがあります。こういった時にこれまでに培ってきた交渉力を活かせるはずです。

スケジュール管理

さらに、店長職を経験した人であればスケジュール管理に関するスキルが身についている、というケースも多いのではないでしょうか。スタッフのスケジュール管理や仕入れのスケジュールの管理など、さまざまな管理を行ってきたはずです。

施工管理においては、定められた納期に完成させるためにはどう進めていけば良いか計画するスキルが求められます。さらに単に計画を作るだけではなく、万が一イレギュラーなことが起きた場合にも柔軟に対応し、最終的に納期に間に合わせるといったスキルも必要となってくるでしょう。

店長をやめたい理由

長時間労働、拘束時間が長い

カフェの店長が仕事をやめたいと考える理由として「長時間労働」「拘束時間が長い」といった点が挙げられるでしょう。一般的に飲食店の社員は拘束時間が長いといわれていますが、カフェにおいてもその傾向はあるようです。

長時間労働となってしまう大きな原因は、人手が足りないという点。さらに、最近では24時間営業だったり深夜まで営業したりしているお店も多くなってきました。営業時間が長くなるのに人手が足りないという場合には、店長がその分をカバーすることもあるでしょう。売上の管理やスタッフ管理に加えて通常業務の負担があることで、より長時間の労働となっているケースも見られるのではないでしょうか。

給料が稼げない

また、「思っていたよりも稼げなかった」という点もカフェの店長をやめたいと考える理由のひとつとして挙げられるようです。いつもお客様がたくさん入るような繁盛店であったり、テレビや雑誌で紹介されるようなお店であればお客さまが多く来店しますが、中にはお客さまの入りが悪く、なかなか売上が上がらないといったケースも。中にはほかでアルバイトをした方が稼げるのでは、と感じる方もいるようです。

拘束時間が長い割には稼げない、といった場合には他の仕事を探したいと感じることもあるでしょう。

ノルマがきつい

カフェの場合でも売上のノルマがある場合があります。特にチェーン展開しているカフェの場合、常に売上のノルマが設定されており、本部から厳しくチェックされています。さらに、季節に応じた限定メニューや販促品に関しても売上目標が設定されており、その目標のクリアを本部から求められるといったことも。

それぞれの店舗では販促コーナーを作成したり、お客さまに積極的に声がけをすることによって何とか売上をあげようと努力しますが、もしノルマを達成できなかった場合には改善案の提出を求められといったケースもあります。このノルマの厳しさが大きなプレッシャーとなって店長の仕事をやめたいという気持ちにつながることもあるでしょう。

休みがない

カフェの店長の場合、休みが取れないといった点も大きな悩みとなる場合があります。例えばアルバイトのシフトで人手が足りない、ということになれば店長が出勤してその穴を埋めることになるでしょう。他にも社員がいるようなチェーン店であれば他の社員と手分けできますが、小さなカフェなどの場合にはどうしても店長が出勤せざるを得ないというケースが多くなります。

また、連休中の繁忙期などはかき入れ時であるということもあり、休みなく働くといったことに。このように、休みが取りにくいといった点もカフェの店長が転職したいという気持ちになるひとつの理由と考えられます。

店長業から転職は厳しい?スキルを活かせる施工管理技士になろう

この記事では、カフェの店長として培ってきたスキルは施工管理技士としてどのように活かすことができるのか、という点についてまとめてきました。カフェの店長として働く中では、高いコミュニケーション力やスケジュール管理能力、交渉力などさまざまなスキルを身につけられます。ぜひそのスキルを活かせる施工管理技士を目指してみてはいかがでしょうか。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する