施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士に必要なスキル » コンビニ店長を辞めたい

公開日: |更新日:

コンビニ店長を辞めたい

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-6361-6190)

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-5484-5100)

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(052-589-2822)

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

コンビニ店長をやめたい理由

長時間労働、拘束時間が長い

コンビニ店長の仕事が辛いと感じる理由のひとつとして、長時間労働、拘束時間が長いといった点が挙げられます。これは、コンビニではアルバイトが多く、うまくシフトが組めない場合や急な休みなどが発生して急遽他のスタッフを手配することが難しい場合には店長が残業したり穴埋めをする必要が出てくることもあります。また、稀ではありますが電話などなくスタッフが急に来なくなるというパターンもないとは言い切れません。

こうなると昼から夜までずっと働くなど非常に長い時間拘束されることになり、休みがなかなか取れずに仕事自体が辛いと感じることになるでしょう。

給料が稼げない

コンビニ店長は、あまり儲からないといったケースも多いと言われています。立地が良い場所にコンビニがオープンできたとしても、そのような場所には競合のコンビニが後から建てられるためにお客様がうまく集まらないことも考えられますし、人件費の多さや廃棄に関する負担などによって収入を積み重ねることが難しいことが多いようです。

繁盛店で非常に多くのお客さんが訪れる店であったり、複数店舗の経営をしているといった場合は別ですが、1店舗のみの経営の場合にはやはり店長であってお給料を稼ぐことは難しいケースが多いといえるでしょう。このことにより、コンビニ店長から転職したいと考える人もいるようです。

ノルマがきつい

大手のコンビニチェーンの場合には、本部から各店舗に対してノルマが通達されています。特に季節のイベント時にはクリスマスケーキや恵方巻きなどの販売数のノルマがあり、達成することが厳しいこともあるでしょう。ノルマが達成できずに赤字を出してしまったような場合には、いわゆる「買取り」のような形で補てんする、というケースもあるとされています。

このように、ノルマを達成することが厳しく、ストレスに感じてしまうことからコンビニの店長をやめて、ノルマを課せられない他の仕事で働きたいと考えるケースもあるでしょう。

休みがない

コンビニではいつもスタッフ募集の張り紙が見られるように、人手不足になっている店舗が多いとされています。そのため、スタッフがいない時間などは必然的に店長が出勤をすることになるでしょう。さらに、前述した通りスタッフが急に休んだりした場合にスタッフの手配ができなければ、やはり店長が出勤するということになります。

ほとんどのコンビニが24時間営業となっていることから、人手が足りていない時間帯は店を閉めることができません。こういった事情からコンビニ店長はなかなか休みが取れないといったことになってしまう傾向があります。

コンビニ店長をやめたい方に施工管理技士がおすすめな理由

コミュニケーションスキル

施工管理技士は現場で働く職人やスタッフとのコミュニケーションをしっかりと取ることがスムーズな施工を行う第一歩といえます。現場にはさまざまなタイプの人がいますので、うまくその人の性格を掴んで会話を行う能力が必要です。

コンビニはひっきりなしにお客様が入店します。そのため、さまざまなお客様とのコミュニケーションが求められますし、一般スタッフとのコミュニケーションをうまく取ることが日頃の店舗運営を円滑に進めるポイントでもあります。このように、コンビニ店長として仕事をする上で培ったコミュニケーション能力は施工管理技士としても活かせる部分となるでしょう。

リーダーシップ

また、より良い仕事をするためには、現場の職人・スタッフを統率できるリーダーシップも求められます。工事の完了という全員の目標に向かっていくためには、スタッフのモチベーションを保ちながら施工を進めていくためには、どのように対応するべきなのかを考え、行動していくことが大切であるためです。

リーダーシップという部分については、これまでコンビニの店長として店舗のスタッフをまとめながら目標の数字を目指してさまざまな工夫を行ってきたはずです。この経験が施工管理技士としても通じる部分があると考えられます。

交渉力

施工管理技士は、外部との交渉も行います。例えば下請け会社や施主、場合によっては現場周辺の住人など幅広い人と交渉を行和なければならない場面が出てくることが考えられます。そのため、交渉力も施工管理技士として求められるスキルであるといえるでしょう。

コンビニ店長としての仕事は、お客様や外部の業者、スタッフなどさまざまな人と接することが多くなります。その中で自然と交渉力が磨かれることもあるのではないでしょうか。施工管理技士として外部との交渉を行う際には、この経験が役に立つ場面がやってくるかもしれません。

スケジュール管理

現場での施工には納期があります。そのため、与えられた納期に間に合うために作業を行うためにはどのように計画を組んでいくかといったことも考える必要があります。さらに、イレギュラーな自体が発生してスケジュールが遅れてしまいそうな場合に、どう柔軟に対応できるかといった点もスケジュール管理スキルを活かせる部分です。

コンビニ店長の経験がある方は、商品の入荷スケジュールの管理やスタッフのシフト管理などさまざまなスケジュール管理の経験があるでしょう。こういった経験が施工管理技士として仕事をする上でも活かせるのではないでしょうか。

店長業から転職は厳しい?スキルを活かせる施工管理技士になろう

この記事では、コンビニ店長で培ったスキルをどう施工管理技士として活かせるかといった点について考えてみました。

コンビニの店長業にはさまざまなスキルが求められますが、コミュニケーションスキルやスケジュール管理スキルなど、施工管理の現場でも活かせるものがたくさんあります。ぜひこれらのスキルを活かして、施工管理技士として活躍してみませんか。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する