施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士に必要なスキル » 美容院の店長を辞めたい

公開日: |更新日:

美容院の店長を辞めたい

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-6361-6190)

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-5484-5100)

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(052-589-2822)

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

店長をやめたい理由

長時間労働、拘束時間が長い

美容院の店長になると、非常に仕事が多くなります。お客さまへの施術はもちろんですが、売り上げの管理やスタッフの管理などの業務も行う必要があります。さらに業務終了後はすぐに帰宅できるわけではなく、後輩の指導などを行うこともあるでしょう。

このように、美容院の店長になると拘束時間が長くなるケースが多いといえます。あまり休みが取れないといった場合も出てくることから、しっかりと休みが取れる仕事に転職したいと考える場合もあるのではないでしょうか。

給料が稼げない

長時間労働、拘束時間が長い反面、給料が思ったほど稼げないといった面もあるようです。店長になるとその分の手当は付くものの、美容師自体は国家資格を必要とする職業の中でも年収は低めとなっています。

さらに近年は美容院の数が多くなってきたことなどからお客様を獲得することも難しくなってきており、コストカットを行うことで顧客を獲得することを目指す美容室も。独立開業をして経営が軌道に乗る、フリーランスの美容師として活動するなどすれば年収は上げることが可能な場合もありますが、サロンの店長という立場だと長時間労働に見合った収入を得るのはなかなか難しい場合もあるようです。

ノルマがきつい

いわゆる雇われ店長の場合には、お店の売り上げ目標を設定されており、その目標に向かって日々営業していくことになることも多いでしょう。また、メニューや施術に関するノルマに加えて、その美容室で取り扱っている商材(シャンプーやトリートメント、ヘアオイルなど)の売り上げに関するノルマがあるといったケースもあるでしょう。

美容室の店長をやめたいと感じる理由のひとつには、毎月課せられるノルマがきつい、といったものも挙げられるようです。そのため、できればノルマのない職業に転職したいと考える方もいるのではないでしょうか。

休みがない

美容師の店長はなかなか休みが取りにくいといった点も、転職を考える理由として挙げられるといわれています。接客のほか売り上げの管理・スタッフの管理といった店長としての仕事も十分に忙しいほか、自身の技術を磨く時間も必要となってきます。出勤日は通常の業務を行うことになりますので、自分のスキルを磨くための練習時間や勉強時間は必然的に休日に行うことになる、というケースもあるでしょう。さらに、美容業界は日々新しい技術が出てくる世界。新たなスキルを身につけるために十分に休むことができない、といったケースもあるのではないでしょうか。また、忙しすぎることからお昼などの休憩時間が取りにくいといったケースもあるようです。

店長をやめたい方に施工管理技士がおすすめな理由

コミュニケーションスキル

美容院の店長として勤務している中では、コミュニケーションスキルが上がっていくことが多いでしょう。美容師として働く上ではお客様の要望を聞き取る必要がありますし、美容師とのおしゃべりを楽しみにしているお客様もいます。また、店長としてはスタッフとのコミュニケーションをうまく取ることによってお店を円滑に回していくためのスキルも必要となります。

このようなコミュニケーションスキルは施工管理技士としても役に立ちます。建設現場では職人やスタッフとコミュニケーションが必要になるためです。スムーズに施工を進めるためには、求められるスキルであるといえるでしょう。

リーダーシップ

また、リーダーシップも施工管理技士として求められるスキルです。ひとつの建物を完成させるという目的に向かって進めていくにあたっては、職人やスタッフのモチベーションを保ち、施工を進めていくことが必要。ここで求められるのがリーダーシップです。

美容院の店長として日々の目標をスタッフと共有して一緒に取り組んだり、後輩の美容師を指導したりする中で優れたリーダーシップを身につけている方もいるはずです。このように美容師として培ったリーダーシップも、施工管理技士として仕事をする中で役立つスキルとなることでしょう。

交渉力

施工管理を行う中では、下請け会社や施主、周辺住人などさまざまな人と交渉を行う必要が出てくることがあります。この時に役立てられるスキルが交渉力。お互いの要望をぶつけるのではなく、お互いの妥協点を見つけて話し合いを進めながらお優位に進めるといった能力が必要になってきます。

美容院の店長も、仕入れ先などお店の関係者に対して交渉するといった場面が多く出てきます。このような場面で身につけた交渉力は、施工管理技士の仕事をする上でもきっと役立てられるのではないでしょうか。

スケジュール管理

さらに、施工管理技士としては納期通りに施工を進めるためのスケジュール管理も求められることになります。指定された納期の通りに計画を進めるとともに、イレギュラーな事態が起きた場合でも柔軟に対応し、どのようにしたら納期に間に合わせることができるか、という点を考えるのも施工管理技術士に求められるスキルであるといえるでしょう。

美容院の店長は、スタッフの管理もひとつの仕事です。さまざまな要素を検討しながらシフトを組む業務などを行うことも多くあります。ここで身につけたスケジュール管理の能力も、施工管理技士として役立つ場面もあるかもしれません。

店長業から転職は厳しい?スキルを活かせる施工管理技士になろう

このページでは、美容院の店長として身につけたスキルは施工管理技士としてどのように役立てられるのかを見てきました。コミュニケーション能力やリーダーシップ、交渉力などさまざまなスキルが施工管理の現場で活かせる可能性があるといえるでしょう。ぜひ、これまでに培ってきた能力を活かした施工管理技士を目指してみてはいかがでしょうか。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する