施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理技士の試験対策 » 施工管理技士試験の概要

公開日: |更新日:

施工管理技士試験の概要

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-6361-6190)

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(03-5484-5100)

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

電話で問い合わせる
(052-589-2822)

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

施工管理技士とは日本の建設業において特定業種の技術を認定した国家資格であり、施工管理技士試験の1級・2級合格者を指します。この試験は国土交通省の指定実施機関によって毎年行われているもので、試験日程や受験資格は官報にてその年度に発表されます。

ここでは施工管理技士試験の合格率や必要な知識、試験内容、合格基準などについて紹介します。

施工管理技士の合格率

まずはじめに、令和3年度から「学科試験」→「第一次検定」、「実地試験」→「第二次検定」へと名称が変更されました。

それでは合格率を見ていきましょう。例えば1級建築施工管理技術検定の平成29年~令和3年度の全国合格率を見てみると、第一次検定(令和2年度までは学科試験)の平均合格率は41.15%となっています。令和3年度の合格率は36%となっていて、直近5年間の中で最も低いです。令和3年度から名称とともに出題内容も変更されたことが関係しているのかもしれません。

平成29年~令和2年度の第二次検定(令和2年度までは実地試験)では、平均合格率は39.45%です。まだ令和3年度の合格率は出ていません(2021年12月現在)。

参照元:https://www.cic-ct.co.jp/course/building#block04

施工管理技士に求められる知識

施工管理技士に求められる知識は、現場が適切な工事を行うための「品質管理」「安全管理」「工程管理」「施工計画」といった施工管理法になります。そのため、どの科目においてもこれらの配点は大きなウエイトを占めています。その他、守るべき法律である「法規」や建築・土木・電気工事・管工事などそれぞれの専門分野に関する技術的な問題なども出題されます。

基本的にどの問題も、例え深い知識があったとしても出題内容に沿った覚え方をしないと正答することは難しいものばかりです。逆にいうと、試験の出題傾向さえ把握していれば深い知識がなくても正答することが可能ということにもなります。

施工管理技士試験の内容

施工管理技士試験には第一次検定と、第二次検定があります。それぞれ違いについて見ていきましょう。

第一次検定

第一次検定は、全問4つの選択肢から選ぶマークシート方式です。ほとんどの問題が「〇〇に関する記述として最も不適切(適切)なものを選べ」といった形で出題されます。

必須問題と選択問題があり、必須問題は現場を管理する者として最低限知っておくべき共通分野の問題となっています。選択問題は専門性の高い問題や法律の分野の問題が多いです。

第二次検定

第二次検定は以前の「実地試験」という名称から実際に何か実務を行う試験を想像しがちですが、実際は自由記述式の筆記試験です。

自身の経験を元に記述する論文形式の問題「施工経験記述」などが出題されます。他にも図の中で誤っている部分に訂正を書き込む問題や、文章内の空欄を埋める穴埋め問題などがあり、何となく覚えているだけでは解けない問題ばかりです。正しく理解することが必要となりますが、第一次検定の応用で解答ができる問題も少なくありません。

施工管理技士試験の合格基準

合格基準は大きく「絶対基準」と「相対基準」の2つに分けられます。絶対基準とは、「試験問題の何点以上を取れていれば合格」という性質の試験のこと。極端な話、基準点さえ取れていれば全員合格できます。対して相対基準とは、「受験者の上位何%が合格」といった性質のもの。例え良い点だったとしても定められた割合の人がもっと良い点だった場合は不合格になってしまいます。

施工管理技士の合格基準は、絶対基準になります。例年「全問題中60%の正答率で合格」とされていて、合格点さえ取れれば必ず合格できます。試験範囲が広く問題数も多いため難しい試験ではありますが、合格点という目標を持てることによってモチベーションを保ちやすいのではないでしょうか。

1級と2級の違い

1級の施工管理技士は、大規模な建設工事にあたる特定建設業、それ以外の一般建設業において、専任技術者・主任技術者・監理技術者として認められます。2級の場合は、一般建設業の専任技術者・主任技術者を務めることが可能です。1級は全ての役割を務められますが、2級では専任技術者と主任技術者に留まるのが大きな違いです。

施工管理技士試験は誰でも受けられるものではなく、実務経験が必要となります。基本的に実務経験年数を満たしていれば1級からの受験も可能です。1級に挑戦するには実務経験年数が不足している場合は、2級から受験した方がよいでしょう。

実務経験が十分に足りているようであれば、1級からの受験をおすすめします。1級からだと不安な場合、1級と同じ年に2級を受験することもできます。

施工管理技士試験の勉強方法

第一次検定の対策

第一次検定は学科試験です。まず解説書を購入し、基礎知識をインプットしていきます。ある程度インプットできたら、過去問題集を何度も繰り返し解きましょう。繰り返すことで出題傾向や何度を把握できます。過去問は少なくとも10年分を用意しておくとよいでしょう。またYouTubeなどの無料動画解説も豊富に配信されているので、同時に活用することでさらに理解を深めることができます。

知識を深めることができたら、模擬試験を受験しましょう。試験会場の雰囲気や問題を解く時間配分などを実戦形式で学べます。模擬試験をしっかり受けることで試験本番を緊張せず迎えることができ、実力を発揮しやすくなるでしょう。

第二次検定の対策

第二次検定は実地試験です。第二次検定のポイントは、どれだけ試験採点者に自身の施工経験を明確に分かりやすく伝えられるかということ。文書記述力が試されるため、日常的に文章を書いていない人はまず何らかの文章を書くことから始めましょう。添削などの受講ができるなら、積極的に活用することで文章記述力を確実に伸ばすことができます。

また第一次検定と同じく、過去問を何度も解き出題傾向を把握することも大切です。過去問の模範解答を参考にしながら真似て書いてみるのもよいですね。文章の書き方を学べるでしょう。

まとめ

施工管理技士は建設業従事者にとって必要不可欠な資格です。施工管理技士資格は有効期限がないため、一度試験に合格してしまえば生涯に渡って利用できます。

また施工管理技士の資格保持者は工事を受注する際に必ず必要なため即戦力として必要としている企業は多く、キャリアアップや転職の力強い味方となるでしょう。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する