未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理はうつ病になりやすい?

施工管理はうつ病になりやすい?

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

うつ病を抱える施工管理技士

建築業界は、「忙しい」「休みがない」「残業が多い」などの激務なイメージを持たれていることが多い業界です。近年では、週休二日や長期休暇、残業の減少などに取り組む企業が増えてきていますが、実際に労働環境が厳しい職場があるのも事実。

 うつ病は、仕事のストレスや人間関係などの悩み、睡眠不足が引き金となって発生しやすい病気と言われています。施工管理として働く環境の中には、休む間もなく働くほどの多忙な職場があります。その環境で無理して働き続けることによって、結果的にうつ病になってしまうケースが少なくはありません。

こんな自覚症状はうつ病の危険性大

うつ病の患者は増加中

厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査によると、うつ病等の気分障害の総患者数は、1996年度の時点で44.1人でしたが、2014年度では111.6万人と大幅に増えています。現代でうつ病は、珍しい病気ではありません。

うつ病は早期発見が重要

自分がうつ病か気になる方は、自覚症状のチェックリストで確認してみて下さい。あくまでも目安のチェックリストですが、該当項目が多くてうつ病の可能性が高いと感じた場合は、すぐに医療機関で症状を見てもらいましょう。

うつ病から立ち直るのは大変

回復するまでに時間が掛かる

うつ病は、一般的に回復するまでにある程度の時間が掛かる病気と言われています。症状が改善するまでの期間の目安は、3~6か月ほどです。ただし、人によっては1年以上の長い時間が必要な場合もあります。

また、うつ病は、再発の可能性が高い厄介な病気です。症状が少し良くなったからといって勝手に通院などを中断すると、症状の悪化や回復までの期間が長くなる恐れがあります。

うつ病は、再発の予防も兼ねて、時間を掛けてじっくりと向き合っていくことが重要です。

家族のサポートが重要

うつ病の主な対応方法のひとつが、薬物療法です。医師は、患者の症状や要望に合わせて適した抗うつ薬を処方します。薬の効果がでるまでの期間は、4週間~6週間ほどです。

ですが、患者が1か月以内に抗うつ薬を飲まなくなるケースが、実は少なくありません。理由は、副作用のつらさや症状が改善しないことへの苛立ちなど。また、うつ病の症状である何事にもやる気がでない点も、薬を飲まない行動につながりやすいです。

医師が薬が必要と判断している時期は、家族の方も一緒になって、患者が薬を飲み続けるための手助けをすることが求められます。

体験談

仕事中毒な上司の影響でうつ病寸前に

私の直属の上司は、年間休日が10日でした。休みの日にも、家にいるとやることがないからと言って、昼間から会社に出社するのです。朝は誰よりも早く会社に来て、夜は誰よりも遅く帰る人でした。仕事は誰よりもでき、クライアントからの信頼は厚い。しかし、上司の部下になってしまった私は、一瞬でメンタルの調子が悪くなっていきました。上司が帰るまで付き合い残業をする必要があり、上司が休まない以上、会社を休むこともできないです。

月の休みは4日あれば良い方でして、150時間以上の残業をこなしていました。気合と残業で仕事をこなすのが基本スタンスであるため、プライベートの時間が文字通りゼロになります。会社に自分の人生が全て取り込まれる感覚に陥り、精神的な自由も奪われそうに感じることで、うつ病一歩手前まで陥ることになりました。

引用元:建設業の転職(https://career-best.com/kanri-stress-experience)

退職を考えよう

もし、今の職場から環境の悪さを感じている場合は、退職を考えるのも一つの手です。施工管理では、仕事量の多さや人間関係のストレス、残業・休日出勤の多さなどが、うつを引き起こす大きな要因として挙げられます。

どの仕事でもある程度のストレスは付き物ですが、あまりにも「自分を押し殺す機会が多い」「休みが取れなくて、息をつく時間がまったくない」「休日は仕事のことしか考えられない」状態が続くと、やがてはうつ病を発症しかねません。

心身ともに疲弊している状態だと、いまの状況から抜け出せないと感じがちですが、実際はやめたり転職したりする手があります。我慢が続いてうつ病になる前に、環境を変えられることに意識を向けてみましょう。

転職はゆっくり考えよう

転職を検討するときは、一度将来や自分のやりたいことについて考えてみましょう。

施工管理として厳しい環境で働いている最中だと、そのことを考える時間や余裕が中々ないかもしれません。ですが、転職活動は、非常にエネルギーを使います。早い段階から頭の整理をしておくことで、いざというときには、フットワークよく動けます。

まずは、頭の中で考えていることを、箇条書きでメモやノートに書き出してみましょう。考えは、しっかりとしたものでなくて思いつきレベルのものでも構いません。書き続けることで、自分の進みたい方向が徐々に見えてきます。

参考サイト・参考文献

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!