未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理の仕事にパワハラはつきもの?

施工管理の仕事にパワハラはつきもの?

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

「上司のパワハラ」が辞めたい理由の1つに

「過酷すぎる」「ブラック」などと称され、人材が定着しないことも多い施工管理技士の仕事。その理由のひとつが、頻発するパワハラです。実際に、上司から受けるパワハラを苦にして施工管理の職を辞する人は決して少なくありません。

建築業界は、パワハラが起こりやすい?

工事の現場は、常に危険と隣り合わせです。いい加減な気持ちで仕事をしていると、最悪の場合は人命に関わる重大な事故に繋がることもあるため、スタッフは一瞬たりとも気を抜くことができません。

人によっては、こうした緊張感や疲労から、次第にイライラとした攻撃的な気分になることも。その結果、施工管理技士に向けて暴言を吐いたり、暴力行為に及んだりといったパワハラが起きてしまうと考えられます。

パワハラに耐える必要はない

長きに渡ってパワハラが蔓延している環境では、時に「仕事ができないのだから、パワハラを受けるのも当然」「指導の一環であり、耐えてこそ一人前」といった風潮が生まれることがあります。

しかし、どんな言い分があろうとも、人を貶めたり、心身を傷つけたりしていい理由にはなりません。パワハラに疲れ果ててしまう前に、転職を含めた何らかの対処を検討しましょう。

こんな言動もパワハラと認められる時代

「パワハラ」に該当するのは、怒鳴りつける、殴るといった行為だけではありません。時代の変化による人権意識の向上に伴い、直接的な暴言・暴力以外にも、さまざまな行為がパワハラとして認められるようになりました。

以下に、よく起こりがちなパワハラの事例を紹介します。

悪意ある言葉で叱る、人前で叱責する

「役立たず」「給料泥棒」などとなじるのはもちろんのこと、周囲に聞こえるように叱責し、相手に羞恥心や屈辱感を覚えさせることもパワハラになり得ます。

挨拶や呼びかけに応じない

無視もパワハラに該当します。一人にだけよそよそしく接する、全員参加の集まりにわざと呼ばないといった行為も同様に、パワハラとして認められます。

仕事を大量に押し付ける・わざと仕事をさせない

一人では背負い切れない量の仕事を押し付けたり、明らかに困難なノルマを達成するよう詰めよったりする行為はパワハラです。反対に、仕事を割り振らない、わざと簡単な仕事ばかりさせるなど、実力に見合っていない過小な要求を繰り返す行為もまた、パワハラとして認められます。

交友関係や休日の過ごし方について執拗に詮索する

必要以上にプライベートに干渉する行為も、パワハラのひとつです。

思い出すのもつらい…パワハラ体験談

人格否定が混じった長時間の説教

私のパワハラ上司は、部下を長時間説教することで有名でした。説教は夜の8時くらいから始まり、11時過ぎまで続くこともしばしば。『給料払ってやってるんだぞ!』『こんな仕事しかできないのだったら普通クビだぞ!』『おまえ分かってんのかぁ!?』仕事内容に対する説教から始まり、次第に人格否定の言葉も交じるようになり、本当にゆううつでした。数時間のあいだ、休憩を挟むこと無く、脅迫めいた説教を受け続けました。

引用元:建設業の転職(https://career-best.com/harassment)

集団で徹底して無視された

集団で無視され始めたのは、会社を辞めることを決断してからです。上司におかしいと感じる点を伝えたら、翌日から徹底的に無視されました。作成した資料を持っていっても、こちらの方向を向くこともせずに、別の社員に声をかける有様です。パワハラを正確に定義するのは難しいですが、対話しようとする人間を無視する行為は、パワハラに当てはまるといえるでしょう。もう上司の顔を見たくもなくなり、会社の敷地に足を踏み入れると心臓が痛くなったので、退職代行を使って辞めることになりました。(後略)

引用元:建設業の転職(https://career-best.com/harassment)

派遣社員という手も

時代の変化に伴い、建築業界にも少しずつ「ハラスメントを許さない」という共通意識が育ちつつあります。しかし、パワハラの横行を許し続けている古い体質の企業は、未だ少なくないのが現状です。

こうしたパワハラ企業にうっかり就職してしまい、被害を受けるのを未然に防ぐためには、派遣会社を利用するのもひとつの手です。紹介前に実際に企業を訪問し、社員の人柄や現場の雰囲気を確認している派遣会社を通じて転職すれば、パワハラに遭ってしまう確率をぐっと下げることができるでしょう。

それでもトラブルが起きてしまった場合は、コーディネーターに相談できる点も派遣会社の強みです。個人対会社という構図ではなく、派遣会社を間に挟むことで、万一被害に遭ってしまった場合もスムーズに対処することができるでしょう。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!