未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理を辞めた理由や体験談

施工管理を辞めた理由や体験談

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

建築業界は、残業が多くて休日が少ないハードなイメージが強く、実際に毎年辞める人もいるのです。ここでは施工管理を辞めた理由や体験談などを詳しく紹介します。

施工管理を辞めた理由

残業が多く休みが少ない

施工管理を辞めた理由で特に多いのが、残業時間や休暇などの労働条件に対する内容です。工事現場1つ1つに工期があり、施工管理者は工期の期限に間に合うよう現場を管理・調節したり、職人さんに指示を出さなくてはなりません。

現場でトラブルが発生しても工期を遅らせるわけにはいかないため、連日遅くまで残って作業を行うこともあります。工期や作業スピードに左右される職種なので、十分な休暇が取れないのは当たり前ですし、連休を確保するのも難しいです。

そのため、家庭がある人や趣味の時間を大切にしたい人は、特にストレスを感じて辞めてしまうケースが多いでしょう。

精神的ストレス

残業時間や休暇などに次いで多いのが、人間関係などによる精神的ストレスです。この転職理由は、20代・30代といった若い人に多い傾向にあります。

施工管理は、自身よりも年上の職人さんに指示を出さなければならないこともある上、現場によっては上司との馬が合わないこともあるでしょう。また、職人さんから怒られたり、キツイ物言いをされて精神的にダメージを受けることも少なくありません。

職人さんには昔気質の人も多く、時にはパワハラではないかと思われるような仕打ちを受けることもあるようです。特に新人の時には、「こんなことも分からないのか!」などの言葉に耐えられず、早い段階で施工管理を辞めて転職する人もいます。

膨大な仕事量

施工管理の主な業務は、工程管理・品質管理・原価管理・安全管理の4大管理です。もちろん、その他にも工事に関わる書類の作成や打ち合わせ・会議への参加など、業務内容は多岐に渡ります。

しかも、現場の進行状況を管理しながら膨大な量の仕事を覚えたり、仕事に必要となる知識を身に付けなければなりません。常にやらなければならないことがあるため、仕事がキツいと感じて辞めてしまう人も多いです。

辞めたいときの行動

「辞めたい理由」を冷静に考える

仕事を辞めたいと思う感情には、以下の2種類が存在します。

1つ目は、現場で職人さんや上司に怒られたりミスが続いた時、衝動的に「辞めたい」と感じるケースです。これは一時的に過度なストレスがかかることで生まれる感情のため、本当に辞めるべきなのか冷静になってから、再度考えることが大切になります。

2つ目は、前々から「施工管理の仕事は自分に向いていないかも」と思っており、このまま続けていたら身体的もしくは精神的に病んでしまうなどの限界を感じている場面です。この場合も、1度冷静になって辞めるべきかを考える必要があります。

転職にはメリットもたくさんありますが、転職することにより給与が下がったり人間関係を再構築しなければならないなどのデメリットも意外と多いです。辞めたい理由を冷静に考えることで、「本当に転職すべきか」を再確認できます。

意思が固まったら転職先を探す

転職の意思が固まったら、いよいよ転職先を探しましょう。転職先の探し方には、以下の3つがあります。

転職サイトは募集職種や仕事内容以外にも、待遇・福利厚生や企業の特徴などの詳細を確認できるほか、仕事中の風景や社内イベントなどの風景を撮影した写真などが掲載されているため、職場の雰囲気を掴みやすいのが特徴です。また、スマホやパソコンで閲覧できるので、ちょっとした時間にチェックできるのも良いところでしょう。

ハローワークは相談員が常駐しており、求人の紹介や面接対策などの相談ができます。ただ、転職サイトを比較すると求人数が少なく、写真も無いので職場のイメージを掴むのは難しいです。

他には、知人に紹介してもらう方法もあります。知人からの紹介となれば、選考もスムーズに進む可能性が高いでしょう。ただ、万が一辞めたくなってしまった時に、言い出しにくいというデメリットも考えられます。

それぞれのメリット・デメリットを知ることで、自分に適した探し方が見つかります。

辞めにくい時に辞める方法

タイミングを図って交渉する

退職の意思を伝える際は、いきなり辞表を出すのではなく「退職したいと考えている」といった「退職の相談」という形の方が話しやすいです。会社にも迷惑をかけず、自分自身にとっても適切な選択となるように、早い段階で交渉することが大切です。

退職理由は個人的なものを選ぶ

転職理由は「一身上の都合により」というのが一般的ですが、これはあまりおすすめできません。もちろん、この理由でも法的には問題ありませんが、上司の気分を害したり要らぬ勘ぐりをされる恐れもあるため、円滑な話し合いをするには適していないでしょう。

転職理由の内容は、できるだけポジティブなものがおすすめです。例えば、「キャリアアップのため」「新しい職場で自分の力を試したい」などが良いでしょう。このような伝え方であれば無理に止めることもできないので、上司も快諾してくれる可能性が高いです。

逆に「給与が安い」「人間関係が上手くいかない」などのネガティブな理由だと、何かと理由をつけて引き止められる可能性があります。

転職に対する強い意思を示す

いくらタイミングや退職理由が良くても、引き留められるケースは決して少なくありません。中には、あまりに強い押しに気持ちが揺らぎ、転職を躊躇してしまう人もいます。これではまた、「辞めたい」「施工管理の仕事は向いていない」と感じる日々に逆戻りしてしまうでしょう。

そうならないためにも、揺るがない強い意志を持ち退職の意をきちんと伝えなければなりません。引き止められた上で円満退職をするには、一貫して真摯な態度を示すことがポイントです。

施工管理を辞めてやったぜ体験談

将来のことを考える余裕ができました

施工管理の仕事を3年続けましたが、体が限界を感じたため、転職することにしました。体力仕事は嫌いではありませんが、納期のプレッシャーが強いのが辛い点でした。仕事だけでなくプライベートの気分も落ち込む気がして、「このままではうつ病になりそうだ」と思いました。メンタル症状が重症化しないうちに退職しましたが、結果的には良かったと思います。以前よりも前向きな思考ができていますし、将来的なことも考える余裕が生まれました。

引用元:退職代行OITOMA(https://o-itoma.jp/quitglad-constructionmanagement/)

自分の時間を増やしたくて退職しました

もともと設計職に就きたいという気持ちがあったのですが、大手ゼネコンから内定をもらったため職種を気にせずに就職、そのまま施工管理技士になっていました。やりがいや達成感はあるものの、残業は当たり前の職場でもっと自分の時間を持ちたいと思って退職を決意しました。現在は、アトリエ系の設計事務所に建築士として勤務して、ワークライフバランスも整えることができ、自分の時間も確保できているのでとても満足しています。

引用元:ビーバーズ(https://beavers.co.jp/blog/glad-to-quit-construction-management-engineer)

退職後の転職先に選ばれるのも不動産系が多い

施工管理を転職した後の仕事として選ばれることが多いのは、それまでのキャリアを活かした不動産関係のようです。給与面が問題で転職をした人は、高収入なゼネコン系を目指す傾向があります。とくに2020年以降はゼネコン系の求人も多く、需要と供給のバランスが良いのも特徴です。

また、ハウスメーカーや住宅のディベロッパーに就職する人も多いでしょう。再度施工管理の仕事に就く人もいますが、営業系の仕事に専念する人もいるようです。今までとは異なるスキルを磨けるので、営業系に就いて良かったと感じている人もたくさんいます。

さらに、現場から離れて不動産を仲介する仕事を行う人も多いです。宅建などの資格を取得してから転職したり、公務員として新しいキャリアを始める人もいます。これまでの経験を活かしつつ、好待遇・高収入という安定した身分を手に入れられるでしょう。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!