未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理の仕事は責任が重い?

施工管理の仕事は責任が重い?

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

施工管理の仕事は体力的・精神的に楽な仕事とはいえません。工事現場の安全性や円滑な作業、完成後の高い施工を確保するために重要な役割を担っていますから、問われる責任も大きなものになるでしょう。

施工管理の仕事は責任が重い

工事に関する工程・安全・原価・品質を管理する施工管理技士。その工事が円滑に進むよう、また工期に遅れることのないよう的確な指示を出さなければなりません。
そしてその工事現場が工期に遅れることなく安全に・かつ質の高い施工がおこなえるかどうかは、現場をまとめる施工管理技士の手腕にかかっています。
現場で作業を進める職人さんたちはプライドをもって仕事をしていますが、施工管理技士はその仕事を取りまとめる役割をもっているのです。

新人でも現場の責任者

施工管理技士として現場監督を任された以上、新人であろうが関係ありません。現場の職人さんたちは「この現場監督は新人で慣れていないだろうから、フォローしてあげよう」などとは思いません。「新人であろうと、現場監督である以上は完成度の高い仕事をしてほしい」と思っていることでしょう。
現場監督が的確な指示を出すこと、工程・安全・原価・品質の4大管理をしっかりおこなうことは当たり前なのです。工事現場では、命に関わる危険な作業がおこなわれています。施工管理技士を含め、「新人だから多少の失敗やトラブルは許される」はずもなく、常に慎重で的確な仕事が求められます。

責任に対しての給与が低い ?

責任が重く、激務なイメージのある施工管理技士ですが、その分収入も高いのかというとそうでもないようです。
一般的に「施工管理技士は責任に対して給与が低い」といわれており、仕事内容に見合う給与を貰えていないと感じている人が多いのだとか。施工管理技士には土木や建築、電気工事などさまざまな種類がありますが、年収は400万円前後が多いようです。(※1)

※1参照元:日建学院https://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/sekoukanri/contents/const/03/index.aspx

決して低い額ではありませんが、日々感じる重責や激務を思えば、「もっと貰っても良いのでは…」と感じてしまうのかもしれません。

責任のぶんやりがいもあるけど…

もちろん、施工管理技士の仕事は責任を伴う重要な仕事です。工事現場において必要不可欠な存在であり、施工完了時には完成した姿を見てやりがいを感じることも。自分が現場監督を務めた場所を通るたびに、「この工事は自分が取りまとめた!」と誇らしい気持ちになるのではないでしょうか。

でも、やりがいだけでは続けられない

しかし、そのやりがいだけで日々の激務に耐えられるでしょうか。施工管理技士の仕事のやりがいは大きなものですが、日々「ちゃんと責任者としてやれるだろうか」という不安、「責任者なのだからあれもこれも上手くやらなければ」というプレッシャーに負けずにいられるでしょうか?
精神的・肉体的に負担がかかる施工管理技士は、やる気ややりがいだけでは務まらないのが事実ではないでしょうか。

責任が取れるように、ちゃんと育成してくれるところへの転職もあり!

施工管理技士として現場で不安なく働くためには、しっかりと教育してくれる会社に身を置くことが大切です。新人であろうが責任は等しく求められる仕事ですから、少しでも多くの知識やスキルを身につけておきたいもの。
また、施工管理技士にはコミュニケーション能力やビジネスマナー、リスクマネジメントなども必要です。たとえば派遣会社などでは、現場に出る前に研修期間を設け、徹底的に知識や仕事のコツを教えてくれる会社もあります。
「現場監督としての責任といわれても、知識もスキルも追いつかない…」とスキル不足を感じていませんか?独学で知識を学び、ひたすら耐え抜いて経験を積んでいくのは辛いものがあります。そういった場合、いっそのこと転職して再スタートをきるのもおすすめです。現場の責任者として働けるように育成サポートをしてくれる会社なら、次の現場では施工管理技士としてもっと活き活きと働けるかもしれません。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!