施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 派遣社員の
施工管理技士の給料

公開日: |更新日:

派遣社員の
施工管理技士の給料

こちらでは、施工管理技士の正社員と派遣社員の給料について紹介しています。また、派遣社員であっても、施工管理技士として正社員の場合と同様に安定して勤務を続けることができる理由や、「同一労働同一賃金」の制度についても、あわせてみていきましょう。

派遣の施工管理技士は正社員よりも給料が安い?

派遣社員というと、どうしても正社員よりももらえる給料の額が低いようなイメージがあります。たしかに、建設業界でも、正社員と正社員以外の平均賃金を比較すると、一定の開きはあるようです。とはいえ、これは建設業界の複数の職種をすべてまとめて「正社員以外」として比較したときの現象です。専門職である施工管理技士の場合にはその限りではないのです。

資格が必要な専門職である施工管理技士の仕事は、誰にでもできるものではありません。代わりのききやすさという観点においては、一般の事務職などのようには簡単ではないといえます。そのため、施工管理技士の派遣求人などで提示されている月収の高さからもわかるように、決して少なくない収入を得られるのです。施工管理技士が不足していることも、このことのもうひとつの理由として挙げられます。

派遣の施工管理技士の給料相場

施工管理技士とひとくちにいっても、個々のスキルや経験値は異なるため、時給額にもはばがあります。また、勤務地によっても給料相場は変わってきます。ただ、目安としては、1,500円から2,000円台であると考えておくとよいでしょう。そして、施工管理技士の勤務時間は長いですから、これにかなりの残業代がプラスされる場合が多いです。トータルでは、1ヵ月分の給料が50万円を超えているケースもあるようです。

また、派遣先がゼネコンの現場だと、時給が高く設定されていることもめずらしくありません。もちろん、この場合も個々の能力はそれなりに反映されますが、1,000万を超える年収を得ている施工管理技士もいます。

派遣であっても安定している理由

派遣というスタイルで働く場合、どうしても不安を感じる方が多いのではないでしょうか。ただ、施工管理技士として現場監督をつとめる場合は、その不安を感じる必要性は低いといえます。正社員と同程度には安定しているからです。その主な理由として、次の2つが挙げられます。

人手不足

建設業界全体で、現場監督を任せられる施工管理技士が不足しているという現状があります。正社員だけでは現場がまわっていかないため、派遣社員の施工管理技士の需要が高いわけです。また、建設業界全体でみると若年層の正社員が占める割合がとても低いです。ですから、将来的にはさらに深刻な人手不足が予想されています。

「技術者派遣」は正社員雇用

また、派遣社員の施工管理技士とはいっても、施工管理技士の場合は「技術者派遣」となるため、実際には正社員として雇用されている状態であることも、おさえておきましょう。派遣社員ときくと、どうしてもアルバイトの立場にあるスタッフであるかのような響きがあるかもしれませんが、そんなことはありません。派遣会社の正社員として雇用されているのです。

知っておきたい「同一労働同一賃金」とは

派遣社員として施工管理技士への転職を検討している方であれば、ぜひ知っておきたい考え方があります。それは「同一労働同一賃金」と呼ばれる制度です。こなしている業務内容が同じであれば、雇用スタイルに関係なく同一の賃金を支給するべきだ、という考え方がベースになっている制度です。

かつては、正社員であるかそれ以外のスタッフであるかということによって、もらえる賃金に差が出るのが一般的であったため、収入格差が大きな社会問題となっていました。その対応策として制定されたのが、この「同一労働同一賃金」の制度なのです。

建設業界における同一労働同一賃金のメリット

同一労働同一賃金の制度がもつ主なメリットとして、次のふたつが挙げられます。

正規・非正規の格差是正

得られる給与が、基本的には正社員の給与と同じ水準になります。さらに、賞与に関しても、同様の待遇を期待できるようになります。待遇が不公平であると感じていた方もいるかもしれませんが、その不満も解消されるはずです。

非正規社員にスキルアップの機会

かつては、派遣社員という立場で勤務していると、限られた内容の業務しか任せてもらえなかったという状況がありました。けれども、同一労働同一賃金の制度は、この問題にもアプローチするため、非正規社員は、正社員と同様にスキルアップのための機会を得られるようになるわけです。

まとめ

工管理技士は、資格の取得が必須である専門職です。そのため、誰でもできる仕事ではなく、したがって比較的高い給料を見込める職業だといえます。また、賃金面以外にも、建設業界全体の環境改善が着実に進んでいる現状があります。ですから、施工管理技士を辞めたいと思っている方にも、結論を出す前にもう一度検討してみることをおすすめしたいです。

参考サイト・参考文献

参照元:建設業界ニュース
(https://kensetsu-gyokai.com/genbakantoku-haken-kyuryo/#i)

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する