未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理技士にとっての冬の悩み

施工管理技士にとっての冬の悩み

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

冬場の外作業は、なかなか厳しい状況になります。エリアによっては、屋内であっても充分な暖房設備がととのっていないところでは、かなりの寒さを感じるのですから、外は決して快適とはいえない環境です。ひどい場合には、作業現場に設置してある仮設トイレが凍ってしまうケースもあるようです。

このページでは、施工管理技士が冬に抱える悩みについて、まとめています。防寒対策についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

冬の現場のお悩み

寒い時期の現場においては、肉体の疲労蓄積に気をつけたいところです。凍傷や風邪、インフルエンザなどのリスクがどうしても高まってしまうからです。

いずれも油断禁物で、特に凍傷では、ひどい場合にはその部分を切断しなくてはならない状態にもなり得るため、要注意です。また、インフルエンザについてですが、寒さが感染の直接の原因となるわけではありませんが、寒さによって体調が崩れると、免疫力が下がり、感染のリスクが高まります。

加えて、メンタルが削られやすくなることも覚悟しておく必要があります。特に、年末年始が近づくと、作業を完了させるための追い込みをかけることも増え、通常よりもハードスケジュールで仕事をこなさなくてはならない状況になりがちです。休みもとれずに寒い中で頑張らなくてはならないため、強いメンタルが求められます。

体調が崩れても、あるいはメンタルが消耗してきても、建設業はなかなか休めないので、その点にも注意しておく必要があります。仕事を受けたからには、やはり作業をしっかりと進めていかねばならず、寒さやコンディションの悪さなどを理由に契約解除をするといったようなことは、まず考えられません。

仮にそうなったとしたら、それは現場だけで収拾がつく事態ではないはずですし、発注した側の立場にたてば、確かに困り果ててしまいますね。

冬の現場の防寒対策

作業現場で働く際には、動きやすさを考慮に入れた防寒対策が大切です。体調不良が起こってからではどうしようもないですが、防寒対策であれば、体調を崩す前に、あらかじめ講じておくことが可能です。

ヒートテックを着用する

体温を外に逃さないヒートテックを着用するのがおすすめです。中でも、寒さが厳しい日の現場用には、できるだけ生地の厚いタイプのものを選ぶとよいでしょう。裏起毛タイプのものも体が温まりやすくなります。また、ヒートテックには、シャツだけでなくソックスやタイツなどもあるので、それらをあわせて着用すれば、体全体をヒートテックで包み込めます。寒い冬の頼れるアイテムになるはずです。

カイロを貼る

カイロを効果的に利用するのも立派な防寒対策になります。首の後ろにある「大椎」・ヘソの下にある「関元」・くるぶしより少し上にある「三陰交」など、カイロをツボに貼ると、全身が温まります。

防寒具を着用する

ネックウォーマーやマフラーなどを着用して、首元を温めることも大切です。首には太い血管があるため、温めると耐寒力を高められる、というのがその理由です。実際、体感温度もおどろくほど高くなるはずです。

また、手袋も着用するようにしましょう。着用を長時間続けても手が蒸れないものや、指先の器用さが求められるような作業をおこなうときに適した薄い生地のものなど、手袋はラインナップが豊富です。ただ、施工管理技士として現場監督の仕事をしていると、スマホを使用する必要が生じる機会も少なくありません。ですから、スマホおよびタブレット操作に対応しているタイプの手袋を選ぶとよいでしょう。

温かい食べ物・飲み物を摂る

体を冷やさないようにするために、できるだけ温かい食べ物や飲み物を摂取するようにしたいところです。体を温めてくれる食材のひとつとして、ショウガが挙げられます。紅茶などに入れて飲むのがおすすめです。また、血流をよくして体温を保ちやすくなるようにするために、しっかりと朝食を摂ることも重要です。

まとめ

防寒対策をしっかりとおこないつつ、かつ、あまり無理をして調子を崩したりすることのないよう気をつけながら、現場での作業に取り組むようにしましょう。日ごろからの体調管理がとても大切です。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!