施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理はホワイト?

施工管理はホワイト?

施工管理の仕事現場は、こんなにホワイトになってきた?!

世の中には過去のイメージから、建設工事現場をブラックな職場ととらえる人がいるようです。土日休みなしも当たり前、残業手当は請求しにくい、上司はなにかと大声を出して威圧的な態度をとる…など。しかし、現在の施工管理現場は大きな変化をとげています。ブラックな職場がまったくないとはいえませんが、多くの現場がホワイトな環境に向かっています。ではどうすれば、ホワイトな職場で働けるか、いくつかのヒントをお伝えします。

地方で仕事をさがしてみる!

首都圏においては1990年代初頭のバブル期に匹敵するほどの建築ブームが起きています。これにより、施工管理は人手不足になっているようです。この人手不足は、地方に行けばさらに深刻。大手ゼネコンのビジネスの比重が都市部に集中しているために、必要とされる公共建築もスケジュール遅れがくり返される状況になっています。

こうした状況のなか、地方の建築会社の求人は高給与・厚待遇によって、人材の関心を獲得せざるを得ないところまできています。給与水準を上げ、勤務状況をホワイト化し、福利厚生も充実させる企業努力なしには、人材不足をカバーできない状況がいち早く地方企業に訪れているのです。

とくに独身で家族のいない人の場合は、アンテナを地方にまで広げてみてはどうでしょう。住居問題も含めて相談に乗ってくれる企業が多いはずです。

あえて規模の小さな会社を狙ってみる!

一般的なイメージとしては大企業の方が、福利厚生などの制度が整っていると考えがちです。たしかに、明文化された「制度」としては規模の小さい会社は大企業にはかなわないかもしれません。

しかし近年、業界を問わず問題視されているのは大企業の仕事の過酷さ。残業時間がきびしく制限されるなかで、サービス残業や持ち帰り仕事が増えたともいわれます。これらは皆、規模の拡大による「人の顔が見えない組織」に由来しているかもしれません。

一方で小規模企業の場合は、経営の中枢が一人ひとりの社員の環境を「見える」状態で働けます。「仕事が過酷になる前に、緩和の方法を考える」「大切な社員だから逃げられないように満足感を高めていく」方向で考える経営者が増えています。制度だけでは語れない労働環境の良好さをもたらしているようです。

派遣会社に登録する

正社員として働く場合には、企業組織に対する帰属意識や上司や同僚に対する遠慮を求められるケースがあります。「周囲も残業時間を少なめに申し出ているので自分も」といった姿勢です。

しかし、派遣社員の場合は、すべてが派遣会社と個人の契約にもとづき待遇が決められます。時間給・残業手当・休日数、また、休日出勤が発生した場合の代休や時給に加算される手当まで、すべてが契約条項に含まれていて、これを履行しないと法律違反になります。ブラックな働き方をするほど、会社にとっても不利益を被ることになるのです。

ブラックな働き方が最初から不可能な環境、それが派遣会社に登録して働くワークスタイルといえるかもしれません。

工期に余裕のある現場を選ぶ

「現場を選り好みする」のは、正社員の立場ではむずかしいかもしれません。しかし、派遣社員なら契約時に希望を出す、または、応募時に希望を告げることで認められる場合があります。

工期に余裕のある現場なら、休日出勤や残業も少なくなります。当然です。

わかりやすい例が、大きなイベントの関連施設に施工管理として働くようになった場合、絶対に遅延が許されない完成期限が決められます。何十社もの工事業者が参加する現場では、一つの作業の遅延により、ほかのすべての企業にしわ寄せがくる結果を及ぼします。

その場合、後半の工程を担う工事会社は、その会社がブラックかホワイトにかかわらず、現場で働く人のがんばりに頼らざるを得ない宿命があります。

もしこれが、長いスパンで工程管理を行えるなら、ラストスパートの苦難も無縁になります。派遣社員として残業バリバリとしてお金を稼ぎたい場合はのぞき、最初から工期を確認して余裕ある場所を希望した方が、より余裕ある日々を過ごせるコツだと思います。

まとめ|職場がブラックかホワイトか最後は人次第な場合もある

ここまで、施工管理の仕事をホワイトな環境でつづけていくためのヒントをいくつか挙げました。その一方で、現場とは、人と人とのつながりによって動いていくのも事実でしょう。

現実問題、工事会社があまり労働環境の改善に積極的でない場合にも、現場の所長が施工管理者や作業員の状況をよく見て、必要なときには会社との間に入り職場環境を改善してくれていくケースもあります。

一方で、会社が利益優先に走ったときに、会社の意向を無批判に現場に押しつけて、職場環境が過酷になっていく場合もあります。

こればかりは、運不運に関わるもので、応募時にコントロールするのはむずかしいでしょう。ただ、派遣で働く場合には、あまりに理不尽な要求が派遣先から来たときには、担当者に状況を説明して改善してもらえるケースもあります。

人と人とで生まれる現場にも、助けてくれる人がいるかはブラックとホワイトを隔てる大きな分岐点となるわけですね。

施工管理への転職を迷っている人に

ここからは施工管理の楽しさ、魅力とについて紹介していきます。漠然と転職を考えているのであらば、こちらを読んでいただき、転職へのイメージづくりをおこなってみてください。

施工管理は楽しい仕事

施工管理技師のなかには、仕事を楽しんでいる人たちもたくさんいます。ときには大変な仕事になる施工管理技士の仕事だからこそ、それに見合う楽しさもあるから、続けることができるのです。

施工管理技士は、街の風景に残る建築物を作り上げる仕事です。多くの人が当たり前に利用するものも、振り返ってみると感謝される事も多い、社会貢献性の高い仕事と言えるでしょう。また、スキルと資格があれば高収入を目指せる仕事です。

施工管理の魅力とは?

実際に働いている人の多くは、「地図に残る仕事」と言われるように、自分が関わった仕事の成果が、建物として長きにわたって残ることに魅力を感じているようです。また、現場監督として指揮に立つ存在でもあるため、チームをまとめ役としてのやりがいを感じたり、たくさんの人々と関わってひとつのものを造り上げることにも魅力があります。建設業はどんな時代になっても絶対になくならない仕事なので、「失業の心配がない」といったことに魅力を感じる人もいるようです。

施工管理の志望動機はどう書く?

施工管理技士を志す人は、志望動機でも将来のビジョンを大きく、また具体的に描けることが大切です。まだ目に見えない建物をつくりだすように、将来を具体的に考えることは、企業の採用担当者からも信頼されます。さらに、施工管理技士を志す理由を明確に書く、自分が企業に貢献できるポイントを伝えるなども、押さえておきたいポイントです。

まだ経験していない仕事だからこそ、施工管理技士に求められる志望動機を事前に知ることで、あなた自身がどのような志望動機を作成するのかの助けになります。

施工管理技士に向いている人の特徴は?

現場監督にほかならない施工管理技士は、「体育会系でメンタルが強いタイプ」の人だと思われることでしょう。しかし、実際には様々なタイプの施工管理技士がおり、必ずしも体育会系でなければ務まらないわけではありません。

例えば、周囲を巻き込めるリーダータイプ、様々な細かいマネジメントをマルチタスクでできるタイプ、みんなに頼りにされる頭脳役、さらには、気配りができるために周囲が自然と味方してくれるタイプなど、様々な施工管理技士のタイプがいます。自分の性格をいかして働くこともできるでしょう。

施工管理技士の派遣会社目的別比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間8:00-17:00
9:00-18:00
初年度月収相場28万円以上
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無○

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間記載なし
初年度月収相場25.5万円
~45.2万円
資格取得支援制度✕
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

色々な働き方を
模索したい

ウィルオブ・コンストラクション
有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
勤務時間8:00~17:00
(実働8時間)
初年度月収相場25万円
~30万円
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する