施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理は激務?

施工管理は激務?

施工管理が激務と言われる理由

工期が短いなど切羽詰まった現場を担当する精神的負担から激務といわれるようですが、年がら年中激務ではないようです。

施工管理は、施工管理技士のことです。建設現場においては現場監督といったほうがわかりやすいかもしれません。この資格は、建設業におけるトップクラスの資格となります。

電気、土木、建設、建設機械、造園、管工事などの仕事を行う上で、なくてはならない資格です。

責任者という立場上、たとえ休日であっても何か問題が起これば駆け付けなければなりませんし、残業になってしまうこともあるでしょう。建設ラッシュのなかで、人手が足りないということも施工管理に負担がかかる一因です。

こうした責任の重さや業務範囲の広さから激務と言われることの多い施工管理ではありますが、残業が続く忙しい時期も有れば、暇なこともあり、現場によってケースはちがうようです。

職場で違いはある?

施工管理にはさまざまな種類があり、ビル・マンション・商業施設などの建築施工管理は、そのなかでも激務と言われる職場・職種のようです。

また、東日本大震災による造成工事・除染工事などの工事により、人手が足りていない状況も土木施工管理に大きな負担となっているようです。

資格で違いはある?

施工管理の仕事は、どの仕事も簡単ではありません。しかし、大規模な公園や道路緑化工事などの際に必要になる造園施工管理技士は、労働災害や危険度の可能性が低いことから、比較的激務というイメージからは遠いかもしれません。

一番の理想は派遣会社

圧倒的な売り手市場と言われる施工管理技士。少しでも好条件で施工管理の仕事に就きたい、未経験でも就業しやすいということであれば、いちばん良いのは派遣会社の求人ではないでしょうか。

建設業界は典型的なピラミッド構造だといわれます。下請けになるほど収益が少なく、従業員の労働環境も厳しくなりやすい傾向にあります。

頂点に位置するスーパーゼネコンならともかく、その下に位置する中小の規模の建設会社では、正社員として入社しても、建設業界の現場には経費削減のシワ寄せがきて、新人を採用しても教育や指導を行なえない、工期を短くするために日々の労働時間が長くなる、そういった現状があると聞きます。

しかし、共同エンジニアリングのように未経験者からの育成に力を入れている派遣会社であれば、残業時間などを気にすることなく、自分のペース働きながら手に職をつけることも可能です。

施工管理技士の派遣会社勤務条件比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間 8:00~17:00
又は
9:00~18:00
初年度
月収
22万円以上
※未経験の場合の支給額
※残業代は
別途支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
24

公式サイトを見る

配属後も
フォローアップ
してもらいたい

コンテック
配属後も面談等のフォローアップが充実しており現場配属後も安心して働ける
勤務時間 9:00-18:00
初年度
月収
18万5,000円~
※未経験の場合の支給額
※残業代別途
全額支給
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
19

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間 記載なし
初年度
月収
25万6,700円~
※固定残業代20~40時間分含む
資格取得支援制度 ○
研修
対応数
6

公式サイトを見る

※選定基準:施工管理技士の正社員募集をしており、未経験採用を行っている会社を選定
(調査日時:2021年6月)。

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する