未経験から手に職を!こだわりから選ぶ施工管理未経験者のための派遣会社選びガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当?

施工管理がつらいって本当?

未経験者OK!資格取得支援もあり!
おすすめの無期雇用型派遣会社3選

地場・大手ゼネコンの
正社員を目指すなら

オープンアップ
コンストラクション

施工管理職の技術社員、累計
550名※1が派遣先企業に転籍!

資格支援内容

  • 総合資格学院への
    入学支援
  • いつでも勉強できる
    eラーニングを用意
  • 資格取得支援金
    最大24万円付与
  • 合格祝い金
    12万円支給
  • 有資格者に
    毎月資格手当を支給

オープンアップ
コンストラクションの
公式採用情報をみる

オープンアップ
コンストラクションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-033-920

地方の現場で
働きたいなら

ワールド
コーポレーション

北海道や四国、
九州地方の案件が豊富

資格支援内容

  • 合否問わず受験料の半額を負担
    ※年2回まで
  • 合格祝い金あり
  • 提携スクール割引
    あり
  • 有資格者に
    毎月資格手当を
    支給

ワールド
コーポレーションの
公式採用情報をみる

ワールド
コーポレーションの
特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-983-477

派遣として同じ会社で
長く働きたいなら

夢真

技術者在籍数業界No.1※2
シニア層も多数活躍中

資格支援内容

  • 生涯学習制度
    (資格取得講座を
    eラーニングで実施)
  • eラーニングで
    資格取得講座を実施
  • 資格の学校TAC法人の
    特別割引あり
  • 80種類以上の
    資格に対して
    手当を支給

夢真の
公式採用情報を
みる

夢真の
特徴を
詳しくみる

電話で問い合わせる
0120-57-9260

※1参照元:オープンアップコンストラクション公式HP
(https://k87ier2t.lp-essence.com/)

※2 2023年10月調査時点の情報です。
参照元:夢真公式HP
https://www.yumeshin.co.jp/

<選定基準>
2023年8月21日に、Googleで「施工管理 人材派遣」で検索し、ヒットした派遣会社全46社を調査。
施工管理未経験者の無期雇用型派遣採用の実施、資格取得支援の具体的な内容を公式HPもしくは、
公式採用サイトに明記している派遣会社は4社でした。その中で施工管理職の案件数が多い3社下記、特徴別に紹介。
・オープンアップコンストラクション…唯一、勤務期間の条件なしに、派遣先への転籍サポートが受けられる派遣会社(58件)。
・ワールドコーポレーション…公式採用サイトに掲載されている案件数が最多の派遣会社(14142件)。
・夢真…技術者在籍数業界No.1。うち、3人に1人が60代で、経験者にとっても働きやすい派遣会社(9,665件)。

このページでは施工管理技士として活躍している方で、業務がつらいと感じている方、もしくは施工管理の仕事に興味があるけど、業務に不安を抱えている方に向けたコンテンツを特集しています。転職を考えている人などもぜひ参考にしてみてください。

派遣社員の施工管理技士の給料

派遣社員という働き方で施工管理技士として勤務する場合に得られる給料は、決して低いものではありません。というのは、施工管理技士は資格が必要な専門職であり、実際には派遣会社の正社員として雇用されるからです。

また、安定して勤務を続けられるのも大きな魅力となっています。この背景にある理由としては、施工管理技士という職業がもつ、代わりがききにくいという性質や、若手スタッフを中心とした深刻な人手不足などが挙げられます。

施工管理技士の海外勤務

東南アジアやアフリカなどの発展途上国を中心に、インフラ需要がとても高まっているため、建設会社によっては、海外向けの事業を多く展開しているところもあります。施工管理技士として、海外の住みなれない地域で暮らしながら仕事をこなすのは、最初は大変なことが多いかもしれません。ただ、得られるメリットが多いのも、海外勤務の特徴だといえます。

また、海外勤務を希望している方は、勤務先をさがす際に、その企業の海外赴任の可能性について調べておくことも大切です。

施工管理技士が受けがちなクレームとは?

工事現場の作業においては、どうしてもかなりの騒音や振動が生じますし、埃や粉塵も舞ってしまいます。そのため、お客さんや近隣住民の方々からクレームを受けることはめずらしくありません。会社のイメージを落とさないようにするためにも、クレーム対応は慎重かつ誠実におこなうことが求められます。

よくあるクレームをふまえたうえで、その予防策を講じたり、クレームを受けたときに事態を悪化させないような対応の方法を決めておいたりすることが重要です。

施工管理技士が抱える冬期間の悩みとは?

寒さの厳しい冬は、とてもつらい環境で現場作業をすることになります。建築業界では、年末年始のシーズンなどはかなりの追い込みをかけなくてはならなくなるなど、ハードスケジュールになる場合も。忙しさや寒さでメンタルが削られやすくなり、免疫力が下がってしまうと、風邪やインフルエンザにかかるリスクが高まってしまうため、注意が必要です。建設業は、急に休みをとることはなかなか難しいため、日ごろからの防寒対策や体調管理が欠かせません。

施工管理技士の若手事情

施工管理技士は高齢化が進み、若手不足が深刻化しています。今後若手の施工管理技士をどう増やしていくかが建設業界における課題となっています。

若手不足の原因は長時間労働や休みが少ないことによる魅力の低さ。そんな現状を解消するため、国では「建設業4改革加速化プログラム」という対策を打ち出しています。そんな深刻な若手不足ですが、好待遇の企業に転職できるチャンスとも言えるでしょう。

施工管理技士が知っておきたい保険

施工管理技士が知っておいた方がよい保険について紹介します。建設現場では事故やトラブルは付きもの。保険には、基本的な「協会けんぽ」と「建設国保」のほか、作業員に対するものや建築物に対するもの、賠償に関するものなどがあります。さまざまな保険があるので、特徴や補償内容、免責事項などをよく精査した上で適した保険に加入するようにしましょう。

また、近年問題になっている建設業界における社会保険の未加入についても解説しています。

施工管理技士の将来性は?

施工管理技士は、取得こそ難易度の高い資格ですが、その分需要と将来性がある職業といえるでしょう。建築業界は、新築工事だけではなく、リフォームや建て替えなど継続的に仕事の需要があります。しかし、高齢化に伴い、施工管理技士は「人手不足」が深刻化しているのが現状です。今後、若手の育成は重要な課題となり、大手企業も人材育成に力を注いでいます。施工管理技士の資格を取得しておくことで、転職市場で優位に立てることに加え、その需要の高さから安定した将来のキャリアプランが期待できるでしょう。

施工管理技士の仕事は激務?

施工管理が激務といわれる理由や、職場によって忙しさの度合いはどれぐらい違うのかなど、様々なケースにおける激務の要因となる事例を紹介しています。

施工管理の離職率について

近年の建設業は、残業や休日などの労働環境の改善に取り組む企業が増加していますが、施工管理の離職率はどのくらいなのでしょうか。離職する年齢や離職の理由、上手な働き方などについて紹介しています。

施工管理の人間関係ってどうなの?

転職を考える理由の中で多い原因が人間関係です。職場で長く働くための重要な要素のひとつですが、建築現場の人間関係はどうなのでしょうか。体験談や円滑な人間関係の作り方などを紹介しています。

施工管理の仕事は残業が多い?

施工管理技士の平均残業時間は会社によりますが、平均51.3時間※となっています。長時間労働によるリスクや残業が多い理由を解説します。

参照元:セコカンプラス
(https://sekokan.ten-navi.com/article/1659/#:~:text=2,835名の残業時間データをまとめたところ,だとわかりました。)

施工管理の仕事にパワハラはつきもの?

悪意ある言葉や人前での叱責、無視や嫌がらせ…施工管理技士が働く現場では、パワーハラスメントが横行しています。パワハラを受けたと感じたら、どうしたらよいのでしょうか?

施工管理技士の夏は暑い?

施工管理技士が働く現場は、夏は命の危険を感じるほどの暑さ。熱中症対策や蒸れる頭皮のケアが欠かせません。この危険性をうけ、大手ゼネコンではさまざまな暑さ対策をおこなっています。

施工管理の仕事は朝が早い?

多くの施工管理技士の仕事は朝が早く、夜が遅いのが現状です。現場によっては朝5時に起きて通勤することも珍しくありません。また、工期によっては残業が必要になるため、睡眠不足に陥ることも。

施工管理技士の仕事は責任が重い?

施工管理の仕事は現場の安全や工程、品質や原価などを管理する重要な仕事です。やりがいがある分、問われる責任も重いのが特徴といえるでしょう。

施工管理技士の仕事は女性にはきついの?

施工管理の仕事を女性が行うことはきついと考えている方も多いのではないでしょうか?ですが、施工管理の仕事はデスクワークやお客様との打ち合わせの時間もあり、多くの女性施工管理技士が活躍しています。ここでは、なぜ施工管理が女性にとってきつい仕事というイメージを持たれているのかを解説します。

施工管理の仕事は危険なの?

施工管理士は現場監督として建築現場にいることが多い職業です。現場での安全管理も施工管理の大切な仕事になってきます。建築現場ではどんなに注意していても事故が起こることがあります。施工管理の仕事をしていて危険だと思ったことや、建築現場で起こりやすい事故とその原因について詳しく解説しています。

また、危険な事故が起こってしまう背景には建設業界の人手不足という事もあります。なぜ人手不足だと危険なことが起きてしまうのか、その人手不足に対して業界としてどのような対策を立てているのかという点についてもまとめています。

施工管理の仕事は出張や転勤が多いの?

施工管理の仕事は現場監督として働く場合、現地で一つ仕事が終わるごとに仕事をする現場が変わっていくので出張や転勤は多くなるものです。独身であれば比較的引き受けやすく、半年ごとに北へ南へと転勤を繰り返す人もいるようです。しかし、結婚している場合などは家族の生活や子供の教育環境などを考慮して単身赴任生活を余儀なくされるケースも多いようです。

そんな施工管理の仕事につきものの出張や転勤。新しい現場では習慣が違い今までの常識が通用しなかったり、生活環境ががらりと変わり風習などに戸惑ったり。そういったことも含めて考えた出張や転勤のメリットとデメリット、そして転勤なしに働く方法はあるのか、などについて紹介しています。

施工管理に体力は必要?

施工管理は体力勝負と言われています。若手現場監督のある一日の業務内容を紹介しながらどのような仕事をしているか解説をし、体力がないと続かない理由を考察していきます。また、体力をつけて良い仕事をしていくためにどのようなことに気を付けていけばよいのかなどをまとめてみました。

施工管理はうつ病になりやすい?

建築業界は多忙なイメージの強い職種です。仕事のストレスや人間関係などの悩み、睡眠不足が引き金となるうつ病ですが、施工管理技士はうつ病になりやすいのか、原因や対策を確認していきましょう。

施工管理技士は休めない?

工期の事情や人手不足など、施工管理技士の仕事は休みが取りにくいといわれています。ここでは、休みが取りにくい理由や施工管理技士の生の声、働き方改革について紹介します。

施工管理の仕事は夜勤がある?

夜間にしか工事ができない現場の場合、現場監督である施工管理技士も夜勤をするのが一般的です。ここでは、夜勤が必要になるケースやの夜勤のリスクについて紹介します。

施工管理と職人の付き合い方

施工管理の経験が浅い新人が、最初にぶつかる壁の一つともいえることが職人との付き合い方。「口数が少なく、指示に従ってくれない」などの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。このページでは、施工管理と職人が良好な関係を気付くための考え方やコミュニケーションの取り方を説明しています。

施工管理技士は未経験から目指せる?

技術職の一つである施工管理の仕事は、未経験からでもなれます。ただ、施工管理として年収やスキルをアップするためには、国家資格である「施工管理技士」の取得が必要になってきます。受験資格には、様々な条件があるので、どんな手順で資格を取得していくのか確認してみましょう。

施工管理技士の年収は?

施工管理技士になれば、どれほどの収入を期待することができるのでしょうか?建設工事はもちろん、様々な設備投資の需要が高まっていることもあり、さらに建設業界全体が人手不足になっているため、施工管理技士になることで高い報酬を得ることができます。

施工管理未経験者におすすめの派遣会社を確認する!