施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当?

施工管理がつらいって本当?

このページでは施工管理技士として活躍している方で、業務が辛く心身ともに疲労を感じている方に向けたコンテンツを特集しています。転職を考えている人などもぜひ参考にしてみてください。

施工管理技士の仕事は激務?

施工管理が激務といわれる理由や、職場によって忙しさの度合いはどれぐらい違うのかなど、様々なケースにおける激務の要因となる事例を紹介しています。

施工管理の離職率について

近年の建設業は、残業や休日などの労働環境の改善に取り組む企業が増加していますが、施工管理の離職率はどのくらいなのでしょうか。離職する年齢や離職の理由、上手な働き方などについて紹介しています。

施工管理の人間関係ってどうなの?

転職を考える理由の中で最も多いのが人間関係です。職場で長く働くための重要な要素のひとつですが、建築現場の人間関係はどうなのでしょうか。体験談や円滑な人間関係の作り方などを紹介しています。

施工管理はうつ病になりやすい?

建築業界は多忙なイメージの強い職種です。仕事のストレスや人間関係などの悩み、睡眠不足が引き金となるうつ病ですが、施工管理技士はうつ病になりやすいのか、原因や対策を確認していきましょう。

施工管理の仕事は残業が多い?

施工管理技士の残業は多め。平均残業時間は51.3時間と、95もの職業中ワースト3位なのだとか。 長時間労働によるリスクや残業が多い理由を解説します。

施工管理の仕事にパワハラはつきもの?

悪意ある言葉や人前での叱責、無視や嫌がらせ…施工管理技士が働く現場では、パワーハラスメントが横行しています。パワハラを受けたと感じたら、どうしたらよいのでしょうか?

施行管理技士の夏は暑い? 

施工管理技士が働く現場は、夏は命の危険を感じるほどの暑さ。熱中症対策や蒸れる頭皮のケアが欠かせません。この危険性をうけ、大手ゼネコンではさまざまな暑さ対策をおこなっています。

施工管理技士は休めない?

工期の事情や人手不足など、施工管理技士の仕事は休みが取りにくいといわれています。ここでは、休みが取りにくい理由や施工管理技士の生の声、働き方改革について紹介します。

施工管理の仕事は朝が早い?

多くの施工管理技士の仕事は朝が早く、夜が遅いのが現状です。現場によっては朝5時に起きて通勤することも珍しくありません。また、工期によっては残業が必要になるため、睡眠不足に陥ることも。

施工管理の仕事は夜勤がある?

夜間にしか工事ができない現場の場合、現場監督である施工管理技士も夜勤をするのが一般的です。ここでは、夜勤が必要になるケースやの夜勤のリスクについて紹介します。

施工管理技士の仕事は責任が重い?

施工管理の仕事は現場の安全や工程、品質や原価などを管理する重要な仕事です。やりがいがある分、問われる責任も重いのが特徴といえるでしょう。

施工管理技士の仕事は女性にはきついの?

女性には施工管理の仕事はきついと言われています。実際の割合としては建設業の女性従業者の比率は全体の12.3%。そのうち施工管理などの技術職の比率は4.5%とまだまだ少数派です。そういった中建築業界では、労働力不足から女性の活躍を期待する動きがあり、労働環境の改善も始まっています。

施工管理の仕事とは具体的にどのような仕事なのかという事、実際の女性施工管理士として現場で働く方の体験談などを紹介し、女性にとって施工管理の仕事がきついと言われる理由や女性施工管理士の労働環境について考察していきます。

施工管理の仕事は危険なの?

施工管理士は現場監督として建築現場にいることが多い職業です。現場での安全管理も施工管理の大切な仕事になってきます。建築現場ではどんなに注意していても事故が起こることがあります。施工管理の仕事をしていて危険だと思ったことや、建築現場で起こりやすい事故とその原因について詳しく解説しています。

また、危険な事故が起こってしまう背景には建設業界の人手不足という事もあります。なぜ人手不足だと危険なことが起きてしまうのか、その人手不足に対して業界としてどのような対策を立てているのかという点についてもまとめています。

施工管理の仕事は出張や転勤が多いの?

施工管理の仕事は現場監督として働く場合、現地で一つ仕事が終わるごとに仕事をする現場が変わっていくので出張や転勤は多くなるものです。独身であれば比較的引き受けやすく、半年ごとに北へ南へと転勤を繰り返す人もいるようです。しかし、結婚している場合などは家族の生活や子供の教育環境などを考慮して単身赴任生活を余儀なくされるケースも多いようです。

そんな施工管理の仕事につきものの出張や転勤。新しい現場では習慣が違い今までの常識が通用しなかったり、生活環境ががらりと変わり風習などに戸惑ったり。そういったことも含めて考えた出張や転勤のメリットとデメリット、そして転勤なしに働く方法はあるのか、などについて紹介しています。

施工管理に体力は必要?

施工管理は体力勝負と言われています。若手現場監督のある一日の業務内容を紹介しながらどのような仕事をしているか解説をし、体力がないと続かない理由を考察していきます。また、体力をつけて良い仕事をしていくためにどのようなことに気を付けていけばよいのかなどをまとめてみました。

つらかった施工管理の体験談

わけもわからずどやされる毎日

とある現場では、始発で現場へ行き、夜も寝に帰るだけの生活が続きました。知らないことを職人さんに聞かれ、答えられないと怒られる毎日です。あるときは設備屋さんと進めた作業が大工さんにとって迷惑なものだったらしく、「やりづらい!」とどやされました。自分が力不足だったのかもしれませんが、精神的にも体力的にもキツイ仕事でした。

めちゃくちゃになった現場の監督を急に任されました

一番ひどいと思ったのは、現場がぐちゃぐちゃな状態で現場監督の役目を急遽バトンタッチされたこと。それも社長に。施主にいい顔をするために最初は現場監督をしていたのでしょう、わけのわからない理由をつけて押しつけられました。こちらは逃げられないから泣きながら現場監督を務めました。精一杯頑張りましたが、工期は守れないし赤字にはなるし、最悪の経験でした。

精神・体力の限界で逃げるしかありませんでした

大手ゼネコンに入社し、最初の配属先は大きな病院でした。100人以上の作業員がいるにもかかわらず、現場監督は自分と上司の2人だけ。人手不足といわれたけれど、納得できるわけありません。休みは週に1日あればいい方で、基本始発に乗って終電で帰る生活でした。ところがある日、始発電車に乗った瞬間に涙が止まらなくなりました。何のために働いているのかももうわからず、ただ”もう逃げなくては”という気持ちしか残っていませんでした。

施工管理の仕事が「きつい」だけなら、転職は有効な手段

施工管理技士が現場監督として働くなかで、つらい経験も少なからずあるでしょう。朝が早く残業もあり、現場内を走り回り、ときには現場作業を手伝ったり…。体力的にもハードな仕事であるうえ、職人さんたちとのコミュニケーションや現場を仕切るための能力など、精神的にも負担が多いものです。
確かに新人のうちは、多少のつらさは今後の糧となるかもしれません。しかし、そのつらさが意味のないものであったりずっと続くのであれば、今一度働き方を考えてみる必要があります。
施工管理技士として仕事を充実したものにするために、会社を変えてみるのもひとつの手段。現状に満足できない方は、転職も視野に入れて行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

施工管理技士の派遣会社目的別比較!

正社員派遣で安定と
キャリアアップ

テクノプロ・
コンストラクション
未経験でも安心の充実の研修。
大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
勤務時間8:00-17:00
9:00-18:00
初年度月収相場28万円以上
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無○

公式サイトを見る

期間限定で働きたい

JAGフィールド
ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
勤務時間記載なし
初年度月収相場25.5万円
~45.2万円
資格取得支援制度✕
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

色々な働き方を
模索したい

ウィルオブ・コンストラクション
有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
勤務時間8:00~17:00
(実働8時間)
初年度月収相場25万円
~30万円
資格取得支援制度○
研修の詳細の有無✕

公式サイトを見る

未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する