施工管理技士で業界未経験からキャリア転職まで! 理想のキャリアアップが狙える正社員派遣会社ガイド
施工管理技士の派遣会社ガイド » 施工管理がつらいって本当? » 施工管理の仕事は残業が多い?

施工管理の仕事は残業が多い?

施工管理技士の平均残業時間は?

施工管理技士という職業には、休みが少ない、残業が多いといった激務のイメージがしばしばつきまといます。そして、そのイメージは、あながち的外れではないのが現状のようです。

転職サイトの「DODA」が2013年に実施したアンケート調査によれば、施工管理技士の平均残業時間は月間51.3時間。調査対象となった95もの職業のうち、ワースト3位という衝撃的な結果となりました。

仮に月に20日出勤したとすると、51÷20=2.55と、出勤のたびに2時間半ほど残業している計算に。これだけでも十分にハードですが、51時間という数字はあくまでも「平均」。実際には、過労死ラインとされる月80時間をも超える、月100時間以上の残業を強いられている施工管理技士も少なくないといいます。

長時間労働のリスク

体調の崩れ

長時間労働の弊害のなかでも、とくに深刻なのが健康上のリスクです。

たとえば、「睡眠時間が6時間を切る生活が2週間続くと、肉体的・精神的パフォーマンスは2日連続徹夜した場合と同程度にまで低下する」というデータがあります。残業による寝不足が続くと仕事を上手くこなせなくなり、結果ますます残業しなければならないことに…といったように、負のループに陥る恐れがあるのです。

さらに、睡眠時間が5時間を切るような状態が長期間続くと、脳梗塞や心筋梗塞といった重大な疾患を発症しやすくなることも分かっています。過重労働による脳や心臓の疾患で突然死してしまう──すなわち過労死してしまう人は、2019年現在でも後を断ちません。

もちろん、判断力の低下による事故のリスクや、疲労によって精神を病んでしまうリスクも見過ごせません。多すぎる残業は、時に人の生命をも左右する危険性を孕んでいるのです。

家庭の崩壊

長時間労働がもたらす問題は、健康を損ねるリスクだけではありません。

たとえば、妻と幼い子どもを持つ男性が、毎日朝6時に出社し、日付が変わる頃に帰宅するという生活を続けていたらどうでしょう。必然的に、家事や育児といった家庭内労働の負担は妻ひとりの肩にのしかかることになります。

共働き世帯ともなれば、妻も夫に近いレベルの長時間労働を強いられ、みるみる疲弊していくことに。これでは、妻が夫に対して不満を持ち、夫婦の間に亀裂が生じても何ら不思議ではありません。最悪の場合は、離婚にまで至ってしまうケースも。

また、早朝に出社し、深夜に帰宅する暮らしでは、当然子どもと関わり合う時間もほとんど持つことができません。その結果、「子どもがなつかない」「父親を怖がる」といった問題が起きることもしばしば。長時間の労働は、本人だけでなく家族にも大きな悪影響を及ぼすのです。

改善も進んではいるが…

建設業=残業させ放題?

労働基準法では、人が1週間に行ってよい時間外労働の上限を40時間と定めています。これを超えて働く必要がある場合は、会社と労働者の間で「時間外・休日労働に関する協定」別名「36協定」を締結し、労働基準監督署に届け出ることで、上限を45時間に延長することが可能です。

しかし、36協定は、すべての業種に適用されるわけではありません。運輸業や研究開発業など、その時々の状況によって業務量が大きく変わる業種では、「週45時間まで」という法律上の上限が適用されないのです。

そして、建設業もまた、36協定が適用されない業種のひとつ。異常な長時間労働の強制がしばしば横行する原因のひとつには、この「36協定の例外」があるといわれています。

改善に向けた動き

先述のとおり、長時間労働は命に関わる深刻な問題です。そのため政府は、これまで適用外とされてきた建設業にも労働時間の上限を設けるべく、働き方改革の計画を進めています。

ただし、建設業界の長時間労働を正すためには、発注側に理解と協力を促し、工期の考え方を根本から変えていく必要があります。これまでの常識を覆すのはそう簡単なことではないため、改革は数年の時間をかけて段階的に行われる見込みです。

派遣も一つの手かもしれない

今まさに残業の多さに苦しんでいる人にとって「数年後に訪れるかもしれない働き方改革の成果を待つ」という解決策は、あまり現実的ではありません。そんな時に選択肢のひとつとなるのが、派遣会社を利用するという方法です。

派遣で働く最大のメリットは、個人VS会社という構図を作らなくてすむ点。多すぎる残業をはじめ、入社後に何らかのトラブルが発生した場合は、随時派遣会社側のコーディネーターに相談しながら対策を取ることができます。

また、仕事探しの負担を軽減し、効率よく転職活動を行える点も魅力のひとつです。長時間労働を脱するために転職を考えている施工管理技士の方は、一度派遣会社に登録してみるのも手かもしれません。

参考サイト

  • 転職サイトDODA:残業時間に関するアンケート調査
  • 国土交通省:建設業における働き方改革
  • 日経Gooday:長時間労働はなぜ悪い? 医師が明かす睡眠不足の怖さ
  • 施工管理技士の派遣会社目的別比較!

    正社員派遣で安定と
    キャリアアップ

    テクノプロ・
    コンストラクション
    未経験でも安心の充実の研修。
    大手ゼネコンへのキャリアチェンジも夢じゃない。
    勤務時間8:00-17:00
    9:00-18:00
    初年度月収相場28万円以上
    入社祝い金制度○
    資格取得支援制度○
    研修の詳細の有無○

    公式サイトを見る

    期間限定で働きたい

    JAGフィールド
    ライフスタイルに合わせられる短期限定案件の多数取扱い
    勤務時間記載なし
    初年度月収相場25.5万円
    ~45.2万円
    入社祝い金制度○
    資格取得支援制度✕
    研修の詳細の有無✕

    公式サイトを見る

    色々な働き方を
    模索したい

    ウィルオブ・コンストラクション
    有力企業やベンチャーなどへのこだわり転勤も可能
    勤務時間8:00~17:00
    (実働8時間)
    初年度月収相場25万円
    ~30万円
    入社祝い金制度✕
    資格取得支援制度○
    研修の詳細の有無✕

    公式サイトを見る

    未経験者が派遣会社選びで気になるポイントを確認する